『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』を観に行ってきました。

本日「劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」上映会+吉P散歩を観に行ってきました。
開始数十秒で売り切れるというチケット争奪戦。観に行きたかった多くの光の戦士の中から勝ち抜いて劇場公開1週間前に鑑賞できた500人の一人としては、何かを書き残しておくのがチケットを取れなかった多くの光の戦士達に対する礼儀というもの・・・。

ということでこちらでは観客動員拡大を願ってFF14プレイヤーではない一般向けに、FF14プレイヤー向けには公式プレイヤーサイト「The Lodestone」の方に書いておきたいと思います。

というわけで一般の方向けの感想を・・・

続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(2019/6/13)

次期拡張「漆黒のヴィランズ」の発売日まであと19日。アーリーアクセスまではあと15日となりましたが、親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさまにおかれましては如何お過ごしでしょうか。幸運番長です。

あと半月とはいえ、明後日15日(土)の早朝はギャザクラが取り上げられると噂の第52回FFXIVプロデューサーレターLIVE、来週の6月21日(金)には映画『光のお父さん』の封切りです。同日の夜20:00からはオケコン第2弾の現役プレイヤー先行チケット販売が始まります。抽選ではなく先着なので当日は激しい戦いが予想されます。
ちなみに番長は開始数秒で完売したという今週16日(日)の上映会+吉P散歩LIVEのチケットが取れたので一足先に鑑賞してきます。いやほんと凄かった。凄い勢いで座席が溶けていく様を動画で撮っておけばよかったと思った。

と、何かにつけて話題に事欠かない我らがFF14ですがそのスキ間を縫ってLodestone国勢調査のワールド統計の更新を報告するものであります。


画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。今回は紅蓮のリベレータ最後であり、漆黒のヴィランズ発売直前のタイミングでのデータ。漆黒のヴィランス発売後のプレイヤー動向を見るための大事なポイントだ。

前回パッチ4.5の動向調査のための更新が2月10日だから約4か月ぶりの更新になる。その間禁断の地エウレカ最終章ヒュダトス編や新PvPコンテンツの「ヒドゥンゴージ」を含むパッチ4.55のリリースや初の4人乗りマウントが貰えるFF15コラボイベント、データセンター中のワールドを自由に行き来できるワールド間テレポの実装と、日本はあまり関係なかったが北米、欧州のプレイヤーコミュニティへの影響が大きかったデータセンター再編(リグループ)など色々あった。
ゲーム外だとファンフェスツアー最後になる東京公演を皮切りに本格化した漆黒のヴィランズのプロモーションや新種族ロスガル・ヴィエラが作れるキャラクリベンチの公開、大盛況だったオケコンの第2回公演の発表やプレイヤ―初コンテンツの新たな金字塔を打ち立てた来週公開の映画「光のお父さん」の公開など、拡張発売に向けて話題がてんこ盛りという状況。

そして現在開催中の北米最大規模のゲームイベント「E3 2019」のスクェアエニックスセッションで吉田Pの口から「漆黒のヴィランズ発売を前にして、有料会員数が過去最高を更新した」というニュースが発表された。

データ収集している中で「今回はやけにプロフィール収集対象が多いな・・・」と思ってたんだよ。
前回調査からの期間にほぼ比例して増える新規キャラクターが、4か月ぶりの更新で増えるのは織り込んでいたけど、それを考えてもいつもの増え方じゃなかったんで「とうとう業者キャラがマウントを取得するようになってbotキャラ避けのルールを見直さなきゃいけないかな・・・」と思って調べたらそういう傾向も特にない。
ワールド間テレポの実装と取得期間限定の4人乗りマウントを取るためにクエスト受託条件まで課金ブーストするサブキャラが上がってきたのかな(番長はGaiaとManaのキャラ1人ずつブーストした)、と除外条件に加えるべく条件を見直して除外したけどそこまで多くはなかった(4万弱)。
他に普通のプレイヤーでないキャラクターが居ないかと見てみて、ファンフェスイベント等のバトルチャレンジ用のキャラが簡単なルール(レベル50以上でグランドカンパニー未所属)で除外できたので除外してもアクティブから900体ほどしか除外できなかった。
※通常、これらはキャラデータの更新がほぼされないので登場2回目以降は非アクティブになるけど今回は特に多そうだったので、普通のプレイヤーも巻き込むのをある程度許容して除外条件を見直した。


色々データを見直しても現実に増えているとしか言いようがない。
ということで、自分でもちょっと信じられない数字だったのだけど疑うべきは疑い尽くしたので結果は結果として発表しよう。
続きを読む

FF14フリーカンパニーPRジェネレーター

昨年、一昨年と公式のコミュニティイベントで行われたフリーカンパニーPRキャンペーン
画像や動画を使ったTwitterのFCのPR投稿を公式アカウントがRTしてくれるというキャンペーン。

公式の目的は新しく始めた人などがプレイヤーコミュニティに入るきっかけ作りだと思うが、SS加工職人や動画職人にとっては、メンバーが入る入らないよりも己の作品をプレイヤーコミュニティに広く見てもらう祭典みたいな感じでいろいろ力作が投稿されていた面白いイベントだった。

一昨年、PR動画を投稿して公式がRTしてくれたことで累計2万再生くらい行って、昨年も気合いいれて動画作って投稿したけど、投稿した時期がキャンペーン終盤ギリギリだったのでRTされず、今もTwitterプロフの固定投稿に設定していても累計6000再生くらいだった。公式RTのパワーを感じさせる。

だもんで、今年は乗り遅れまいと公式の発表がある前から準備し、4月中盤くらいにはいつ来ても動画投稿一番乗りしてやるぜ!くらいに待っていた。
FF15とのコラボキャンペーンがあるから・・・拡張もあるしGWの大型連休くらいPRチームも休みたいだろうから・・・などとタイミングを待っていたのだが今に至るまで一向にその気配がない。

あぁ今年はもうやらないんだろうな。と思ったのがGW明けで、だったら今年の動画をもう投稿しちゃおうかな・・・と考えた。
でも、FCのPRをみんなでやるってFCを探している人の立場ではとてもありがたいはずで、自分のFCのPR動画を投稿するだけじゃもったいないな・・・と思った。

昨年の公式ツイッターがイベントの終了時にこんな事を言っていた。

フリーカンパニーのPRハッシュタグとして認知されている「#うちのFCにおいでよ」。
Twitterのハッシュタグ自体は誰に権利のあるものでもない。1参加者として自分のFCのPRで使う分には問題ないけど自作のツールのハッシュタグに使ってツールからの投稿で埋めてしまう状況はFF14のプレイヤーコミュニティに対して失礼だな、くらいに考えていた。でも公式が少なくとも当面は使う予定なさそうだし、「今後使う予定ありますか?」って問い合わせても1プレイヤーに非公開の今後のイベント予定を教えるわけにはいかないだろうし、上にあるように「活用してください」って折角言っているのだから、ここは敢えて乗っかっていこう。

続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。