【旧から数えて】Lodestone旧生祭【9周年】

2010年9月30日にFinalFantasyXIVが正式サービスを開始してから丸9年。

公式には2013年8月27日の新生版正式サービス開始をスタートにしているけど、旧版からプレイしているプレイヤーにとってFinalFantasyXIVの歴史は2010年から始まっているのだ。

ということで旧FF14開始から9周年である。そして毎年この時期に今は亡き旧版Lodestoneの精霊ロドストさんと1年の振り返りをすることにしている。命日ではなくあくまで生誕祭なので旧版サービス終了日ではなく開始日であり、新生サービス開始の○周年記念日が新生祭と呼ばれるようになってから、それと分ける意味で旧生祭と自称するようになった。以下はいままでの8回分の振り返りである。

【旧から数えて】Lodestone旧生祭【4周年】
【旧から数えて】Lodestone旧生祭【5周年】
【旧から数えて】Lodestone旧生祭【6周年】
【旧から数えて】Lodestone旧生祭【7周年】
【旧から数えて】Lodestone旧生祭【8周年】

そして今日、ここに書くのがFinalFantasyXIV9年目の記録。

FF14のことを振り返る前に、この一年のFFシリーズの動きを振り返ってみよう。
まずは何といってもFF7リメイクの発売日が2019年のE3にて2020年3月3日と正式に発表された。初めてその存在が公にされたのが2015年のE3なので発表から5年弱での発売となる。ただしFF7リメイクは3部作で2部、3部がどのくらいの間隔で発売されるかは分からない。


リメイクではなくリマスターだと、FF8のリマスター版が同じく2019年のE3で発表された。発売は先日2019年9月3日なのでまさに電撃的な発表だった。2018年に発表されたファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(FFCC)が2020年1月23日に発売なのでFF8リマスターは本当にサプライズだった。

ということで今年から来年にかけてはFFシリーズの旧作リバイバルラッシュなのだが、逆にぜんぜん音沙汰ないのがFF11リブート。この1年で確認できた情報が開発のネクソンの決算資料でまだ開発パイプラインの中にあるということだけ。一方PC版のFF11は既存のプレイヤーの支えもあって20周年まで(2022年まで)はサービスを継続する方針が決定したようだ。

ということで話をFF14に戻してこの1年の振り返りを旧Lodestoneの化身、ロドストさんにお願いしよう。
続きを読む

Youtubeで意図しない趣味バレしないために

YouTube使っていますか?
YouTubeのアカウントは持っていますか?
YouTubeの自分のチャンネル、見たことありますか?

先日の内閣改造で就任した某IT担当大臣の話題がホットだ。彼の公式YouTubeチャンネルで公開されていた「高く評価した動画」に公式チャンネルとしてはあまり相応しくない動画がリストされていてちょっとしたニュースになっている。

自分としては、大臣本人が見ていたわけじゃなく運用スタッフのやらかしだろうな・・・と思ってはいて、国民として一国のIT担当相としてコレで大丈夫かという不安もちろんあるけど、一人のネットユーザーとしては批判というよりお気の毒さま・・・という感じであまり他人の失敗を責める気持ちにはなれない。

他人の失敗を嗤う者はいずれ自分にも帰ってくるが、他人の失敗から学ぶ者はそれがやがて自分を助けることに繋がる。

ということで今回の件からYouTubeで意図しない情報開示を行っていないか確認して、不要な情報ならしっかり蓋しておきましょう、というお話だ。

わりと昔からある話でWebにもいろいろ情報があったが、機能の変更で情報が古くなっていたり、特定の機能の設定だけでまとまった情報がなかったりしたので、現在の設定方法としてまとめたのでご参考になれば幸いである。続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(2019/7/29)

漆黒のヴィランズのアーリーアクセスから1か月。リリース前に有料会員数が過去最大を更新するという期待の高さに対して、リリースされたものは過去最高のストーリー体験だった。

海外でのゲームの評価としてよく参照されるメタスコアでも好評だった紅蓮のリベレーターの評価をさらに上回り、2019年に発売されたゲームの中で最高値(2019年7月29日現在)を記録するなど、MMORPGの評価をは思えない前代未聞の高評価となった。

新種族や新ジョブなど、数々の新要素もリリースされ、それがデータとしてどう表れてくるかきになるところだが、ようやくLodestone国勢調査のワールド統計を更新できたので見てみよう。



画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。前回、漆黒のヴィランズリリース直前のタイミングでの更新から1か月半ほど経ち、新高難易度レイド「希望の国エデン零式」リリース目前というタイミングで拡張リリース後のプレイヤー動向を見てみた。

今回、アクティブキャラクターの判定に従来用いていたHPの変化(装備の更新)は除外した。装備のステータスがHPの数値に反映する計算式が更新されると、休止中で装備の更新が無いキャラクターのHPも変化してアクティブ判定されてしまうためで、次回以降は復活させる。

また、レベルブーストポーション(通称ジャンピングポーション)も従来のレベル60からレベル70に更新された。前回レベルブーストのサブキャラ判定に最大レベルが60(から61未満)で配布アイテムの武器レベルのままという条件にしたが、それを70までスライドするとレベル71までのストーリーを体験中のプレイヤーのデータがごっそりケズれてしまうので今回は見送りレベル60での判定は残した(調査の時期には漆黒発売直前も入るので)。
これもいずれレベル70で復活させる予定だ。
(ちなみに、これに該当するのは4万キャラクターほどだった)

ワールド統計のサイトも新種族や新ジョブが増えたことで一部グラフのレイアウトが厳しくなり、戦闘ジョブとギャザクラのレベルのグラフを分けたり、Lodestoneの装備武器によるジョブ構成もDPSを近接物理、遠隔物理、遠隔魔法に分ける等の対応を入れている。


拡張でのゲーム側の仕様の変化に対応して細かく処理を入れていて説明文にも反映はしているが、従来と同じだと読み飛ばしがちなところなので上記の通り注意を入れた次第。
※ちなみに前回は拡張リリース後の次の調査でこの拡張前後の特別対応が残ってしまってその後に休止した一部のキャラクターがアクティブ判定され続けたまま半年くらい気が付かなかったという事があったので次回は注意したい。※自戒を込めたメモ。

続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。

記事検索