【Lodestone国勢調査】ワールドの過密傾向の推測

新生エオルゼアの冒険者の皆様、並びに未来の冒険者の皆様、元デュランダル、現カーバンクルのLEGACYプレイヤー、幸運番長ですこんばんちょ。

10月に入り、新生FF14も1か月、旧FF14から数えると3年目になるわけですが、先週から今週にかけては大きな発表もなく・・・と思っていたら、ワールド移転についての第一報がフォーラムに上がっていた。

 日程の発表はなく、大きな方針やワールド移転のメリット、デメリットの説明だったけど、前回説明すると言っていた「ワールドの混雑状況」にも言及された。

Lodestoneの日記には、混雑ワールド予想とか投稿してみたけど、Chocobo、Bahamut、Mandragoraの御三家がまさか過密ワールドからハズれているとは・・・。

まぁ、初期にキャラクター作成制限がつよく掛かっていて、キャラクター人口的にも多い方ではなかったので、そんな気がしなくもなかったが、その分アクティブも多いだろう、とか考えたり、なにより「過密ワールド」からChocoboを外すという予想をするほど、確信も覚悟もなかった・・・(って大げさなものじゃないけど)。

というわけで、それのふり返りも踏まえて、ちょっと遅くなったけど前回からこの週末までの新生Lodestoneのキャラクターデータの統計をみてみよう。

■ワールド言語別キャラクター数(9/28版) 
 ワールド言語別キャラクター数0928

データ収集も2日以上かかるようになってしまった(早くするとサーバーに負荷かかるのでゆるゆるやってます)。
キャラクター数は253万
前回より16万キャラクターほど増加。ダウンロード版、パッケージ版解禁直後が24万キャラクター増なので、勢いとしては落ち着いたところ。

気になるのは21日からの差分で増加数が大きいワールド。
NA/EUがすごい増えているのに比べて、日本DCのグループは比較的穏やか。
でもある程度傾向は見える。

追加ワールドのPandaemonium、Unicorn、Yojimbo、Asura、Belias、Zeromusが多いのは当然。
Pandaemoniumは日本語ユーザー数としては既存ワールドのラインに並んだ。
Unicornが増加数、日本語ユーザー数ともに追加ワールドでは頭抜けている。
Asuraも次いで人気。
Yojimbo、Belias、Zeromusの3ワールドは現状日本語キャラクター数が1万いってないので、快適にプレイできるワールドならかなり有力だろう。クルザスFATEもPS3でまともに出来るんじゃないのかな。やったことないから分からんけど。

新規ワールドの初期グループで言えば、Bahamut、Chocobo、Tonberryの増加数が多い。人気からなのかと思っていたけど、もしかしたら新規作成解放期間が長かったのかもしれない。
(だいたい、ピークタイムは追加6ワールドしか空いてないけど、明け方や日中はその他のワールドも新規作成を解放している傾向がある。)

Mandragora、Ultima、Tiamat、Carbuncleが次いで多い。Carbuncleは解放期間は短いと思ったけど、名前人気かな(Carbuncleが開いているかどうかは自ワールドなので目が行ってしまう)。

あとはどっこいどっこいで、RamuhとIxionがあまり増えてない。

LEGACYワールドを見てみよう。
一番増えているのはMasamune。LEGACYのGroupJPの中では比較的英語ユーザーも多い。 
他は似たり寄ったりで、少ないってことはない。
レガシープレイヤーの友達に誘われてLEGACYワールドにキャラを作成する人も少なくないだろう。 

 ■ワールドレベル帯別キャラクター数(9/28版) 
ワールドレベル帯別人数0928

ワールドレベル帯別のキャラクター数だ。
以前の公式発表で、プレイヤーのユニークログイン数に近い傾向があると分かったレベル10以上のキャラクター数では131万キャラクター。前回よりも11万キャラクターほど増加。全体のキャラクター数16万の増加に比べて比較的高い割合で推移している。
高レベル帯キャラクター数も順調に伸びているので、割とちゃんと定着してそうではある。

番長は相変わらずレベル30近辺をウロウロしているけど。


■日本DCワールドのレベル帯別日本語キャラクター数(9/28版) 
日本DCワールドレベル帯別日本語キャラクター数0928

今回、せっかく公式が過密ワールド傾向を出してくれたので、数字の上ではどう見えるか検証するために、日本データセンターのワールドの日本語ユーザー数に絞ってレベル帯別キャラクター数を見てみよう。

フォーラムの吉田Pの投稿にあった「人口過密ワールド」を赤、「比較的空いているワールド」を青で色を付けている。
吉田Pの基準はあくまでログイン数で、 表の数字のキャラクター数とはイコールではないことに注意してほしい。

新規ワールドの傾向をみてみよう。
追加6ワールドについては、経緯の上でも数字の上でも歴然なので説明の必要はないだろう。

Tonberryはタイムゾーンの近いオセアニア圏の英語ユーザーが多いと言われていて、日本語キャラクター数でピークタイムの快適さは必ずしも測れないと考える。

その他のワールドをみてみよう。
レベル1のキャラクター数の多い、少ないは過密傾向とはあまり関係が無さそうだ。
レベル10以上を見ると、たしかみ過密ワールドは多いが、それ以外のワールドも同程度かそれ以上に多い。

過密ワールドの数字がそれ以外と比べて増え始めるのは、レベル25以上のキャラクター数。
過密ワールドが8500~9700なのに対して、他のワールドは7400~8500。
 それ以降を見ると、過密ワールドの傾向は
Carbuncle>Fenrir>Ifrit=Garuda>Alexander>Anima=Tiamat>Atomos=Titan>Ramuh
みたいな感じ。

中間層は Bahamut、Chocoboは高レベル帯のキャラクター数は多いが、低レベル帯に余裕は・・・もうそんなにあるようには見えないね。
全部を高レベル帯のキャラクター数を踏まえて並べると
Carbuncle>Fenrir>Ifrit=Garuda>Alexander>Anima=Tiamat>Atomos=Titan>Ramuh>Bahamut=Chocobo>Hades>Ixion=Ultima>Mandragora=Typhon=Valefor >Pandaemonium>Unicorn>Asura>Yojimbo=Belias=Zeromus

※ Tonberryは未知数。
こんな感じではないだろうか。うん。

LEGACYワールドを見てみると、それほど大きくは違いが無いが
Gungnir>Aegis=Durandal=Masamune>Ridill
みたいな感じ。Masamuneは英語ユーザーの多さをちょっと考慮。Tomberryほど読めなくないので。

ということで、移転の参考になるかな?
もちろん、あくまで推定なので責任は持てんけどね。

ということで、キャラクター数調査だけで毎週定期的にやってきたけど、全体の傾向は落ち着いてきたのでいったん中止する。このネタばっかりに時間使うのもそろそろ飽きてきた。
次回はもうちょっと別のデータや切り口で新生エオルゼアのプレイヤー動向に迫ってみたいと思う。
 

【Lodestone国勢調査】販売再開!で、どのくらい増えた?

新生エオルゼアの冒険者の皆様、並びに未来の冒険者の皆様、元デュランダル、現カーバンクルのLEGACYプレイヤー、幸運番長ですこんばんちょ。

先週末のログイン祭りの終局をうけて、ダウンロード販売制限、パッケージの出荷制限が解禁になった。
 欧米は17日から、日本では18日からダウンロード販売が解禁になり、パッケージも順次出荷。

自分の目では確認してないが、この週末にはパッケージは店頭に並んだのだろうか。
ともあれ、先週から今週へと、ワールドのプレイヤー数がどう変化したのか追ってみよう。

■ワールド言語別キャラクター数(9/21版) 
 ワールド言語別キャラクター数0921

キャラクター数は236万。前回より24万キャラクターほど増えている。

販売再開を受けて一気に増えるかな、とおもったけど、立ち上がりはまだゆっくりみたい。
まぁ、販売再開を待ち構えているような人なら、とっくにやっているだろう。友達に誘われてやってみようと思ってた人くらいかな。
店頭にパッケージが出回れば、それを見て買う人も少しずつ出てくるだろう。

キャラクターの増加ペースを見てみると、さすがに新規の追加ワールドが多い。
ただ、既存ワールドも作成制限は厳しいけど、完全に閉じているわけじゃなく、一時解放を順繰りに回して要る感じ。ピークタイムはだいたい全部閉じて新設ワールドしかあいてないから、もし友達と合流したいなら早朝早い時間にキャラだけ作っておく、等を考えた方がいいだろう。

販売再開の時点で絞るかな、と思ったけど、キャパシティの許す限りは、新規も入れてワールドのプレイヤーのレベル分布を均したいのだろうか。


GroupJPの新設ワールドは、1週早かったPandaemoniumが多いけど、増加数でみると、Unicornが人気だ。
続いてAsura。Yojimbo、Belias、Zeromusは同じくらい、といったところ。

Chocobo、Carbuncle、Unicornと可愛い系の召喚獣が人気ってことだね。まぁそうだとは思ったけど。


 ■ワールドレベル帯別人数比
つづいて、ワールド毎のレベル帯別キャラクター数を見てみよう。

ワールドレベル帯別人数0921



先日、東京ゲームショーで行った出張プロデューサーレターLiveで発表された、「エオルゼア領勢調査」。
内容は前の日記にまとめておいたけど、その中で「トータルユニークログイン数」の数字が発表された。

トータルユニークログイン数は、つまり1度でもログインしたプレイヤー数で、これはキャラ関係なく、アカウント単位、つまりプレイヤー単位の数字だと思う。

その数が108万人

これが、現在の新生FF14のプレイヤー数ということだろう。MMORPGで100万人越えるってすごいよね。

その108万って数字だけど、これが前回のレベル帯別キャラクター数でレベル10以上のキャラクター数が109万キャラクターだから、とりあえず現状レベル10以上のキャラクター数を見ればユーザー規模は追えるんじゃないかな。

ということで、レベル10以上のキャラクター数を見てみると、約120万。1週間で10万ちょっと増えた感じだ。


もし、最初から超強気でサーバーを現在の規模まで用意して販売制限をしなかったら・・・
と思わないでもないけど、まぁしょうがないよね。

販売の機会を逸したのは痛かったと思うけど、無理にユーザー数増やしてみんなまともにプレイできない状態は本末転倒だからね。
販売制限で買うのをあきらめた人って、最終的に長続きするかどうか分からないという考えもあるし、とにかく手に取ってやってみせて新規を掴むのが大事って考えもあるし。

でも、今一番問題なのは、エンゴコンテンツでのユーザー同士の軋轢の問題で、そこで他のプレイヤーに暴言を吐かれた新規さんがMMOPRGを嫌いになってしまう、という状況だ。
「コンテンツファインダーは使いません」くらいならまだ良いんだけど、そこで一気にモチベーションが下がることもあるから。


ユーザー同士のコミュニケーションの距離を、システム側で上手くコントロールすることは出来る。
この辺、ドラクエXはかなり丁寧に制限を付けて上手くやっていると思う。

ただ、FF14はそのへん、ユーザーにかなり投げっぱなしにする傾向があるように感じる。
簡単に人を傷つける言葉を吐いてしまうプレイヤーに対して、精々事後対応での通報があるくらい。

基本的に自分の身は自分で守るしかないけど、みんながみんな強いわけじゃない。
いまはただひとが傷つくのをLodestoneやフォーラムで見ているだけ。

FF14が失った信頼は新生FF14で取り戻せたかもしれないけど、オンラインゲームでプレイヤーそのものに不信感を抱いた人はもう帰ってこないよ。
新生FF14がどんなに神パッチで面白くなったとしても。

【公式】エオルゼア領勢調査【TGS2013】

スイカさんの「勝手にエオルゼア国勢調査」に続いて、番長のLodestone国勢調査に新たなライバルが!

本日9月21日、東京ゲームショー2013の「プロデューサーレターLive in 幕張」において、エオルゼア領勢調査と題して、公式のプレイヤー情勢調査が発表された。

いずれ公式からもまとめが出てくるだろうけど、明日も 2日目のレターLiveがあるし、公式まとめまでいつも時間がかかる(各言語バージョンの翻訳とかある)ので、今後の番長の調査の参考にここにまとめながら、所感を述べて行きたいと思う。

■ 新生FF14のユーザー規模

fig1

・同時接続数(何人が同時にゲームをしているか)
・1日のユニークログイン数(1日に何人が遊んだか)
・トータルユニークログイン数(これまで何人がFF14を遊んだか)

 
の3つが発表された。 どれも新生FF14のユーザー規模を示す数字だ。
現在運営中のワールドが日本・北米・欧州合わせて61ワールドなので、単純に割ると、
1ワールドあたり17,000人のプレイヤーが居て、その内1日10,000人がログイン。同時に繋いでいる人は5,600人
という数字になる。同時ログイン数は各地域の時差があるので、実際は各地域のピークタイムでもっと集中するだろう。
 
トータルユニークログイン数108万は前回のワールドレベル帯別調査で、ちょうどレベル10以上のキャラ数が108万なので、今後プレイヤー数動向を見る時はレベル10以上を基準にするといいだろう。

■キャラクター性別分布

fig2

キャラクターの性別分布をワールドの地域別(JPとNA/EU)で分けたもの。
番長のLodestone国勢調査は、キャラクターの使用言語で分けたので、内訳の意味はちょっと違うが、傾向は同じだ。(つまり、GroupJPのTonberyにいるオセアニア等の英語圏ユーザーはJPに入る)

■種族分布
fig3

fig4


性別は分けずに種族で分類しているね。
その集計で多いのは、ヒューランのミッドランダー。
ヒューランはミコッテと同じくらいの勢力だけど、部族で分けるとヒューランはハイランダーが少ない傾向なのに対して、ミコッテはサンシーカーが多いものの、ムーンキーパーもそれなり勢力があるので割れる。
結果、ミッドランダーが部族としては多くなる、といったところ。

そして、やぱり公式でもルガディン・ローエンガンデの希少さを言及していた。
ただ、少ないことそのものをポジティブにとらえて、「目立ちたければルガ♀いいよ!」って感じで言ってくれたのが嬉しかった。
番長も旧Lodestoneでルガディン向上委員会を立ち上げて、ルガのキャラメイクやNPCを取り上げたりしている。
また、我がCarbuncleのガチタさんがルガディンを盛り上げようとフォーラムでも頑張っているので、ルガディンを愛する諸兄はぜひいっしょに盛り上げていってほしい!


性別やワールドによる偏りを観たかったら、番長の調査だけどこちらを参照してくれ。

■キャラクターレベル分布
fig5
fig6

こちらはキャラクターのレベル分布。全キャラクターの全クラスの分布とのこと。
つまり、一度もなってない(ギルドに入門してない)のを除いて、一人複数のクラスがカウントされている。

レベル1が多いのは、とりあえず入門してギアセットを増やす需要。
レベル15が多いのは、ジョブになるためのサブクラスを15まで上げました、ということだろう。

レガシーワールドを含めると、レベルカンストの50も多い。


バトル系、クラフター系、ギャザラー系別の集計はこちら
fig7
fig8


fig9
fig10

fig11
fig12

あとレベル30のあたりで踊り場(ちょっと多いところ)がある。
吉田Pが言っていたが、このあたりで、横道にそれて、クラフターやギャザラーなどをプレイしている人が多いとのこと。
まさに番長のことじゃないか・・・。

CFでの集会組と初見の軋轢など、いろいろな話を見聞きするに、やっぱりエンドコンテンツあたりの調整に未だ問題があると感じる。
その点、低レベル帯は、βテストを通じて、いろいろフィードバックがあったので、やっぱりかなり遊びやすい。

先を急いで不愉快な目に合うくらいなら、のんびり自分のペースでいろいろなクラス上げを迷走するのは悪くないと思う。先の部分は多数の先行者が地雷を踏んでくれているのでその内修正されるだろうからね。

クラフターとギャザラーを平行して上げるスタイルは、出費を抑えながら一つのアイテムを製作するのに、ギャザラーで素材調達したり、他のクラスの生産品を素材にしたりと、派生して需要(目的)が発生することが多い。

こういうの素材をマーケットで調達して、リーヴと合わせてとにかく一つクラフトをカンストさせて稼ごうというプレイスタイルも多いと聞く。
たしかに高レベル帯の装備の方が動くお金が大きいので、低レベル帯の装備より単位時間では稼げるだろう。ただ、他に稼ぐ手段があると、低レベル帯の装備をマーケットに出すのがばかばかしくなるので、楽しんでレベルを上げたかったら、低レベル帯からコツコツやっていくのがお勧めだ。

クラス迷走すれば、装備も着回せるし、空いたアーマリーチェストにどんどんクラフタ用装備作って使ってマテリアにすれば、需要の高いクラフト系のマテリアが作れてよく売れる。また、他のクラスの需要を実感できたりするので、マーケット理解の上でも役に立つだろう。なによりとても楽しいのだ。


■ロール別分布
fig13

fig14
fig15
fig16

コンテンツファインダーで日々待たされているDPSの諸兄が気になるのがこのロール別分布だろう。
ジョブにクラスチェンジできるレベル30を境に低レベル帯と高レベル帯に分けている。

感想としては、ロール別に見ればわりと均等に分かれているな、ということ。
ただ、これは育てたクラスの分布であって、これがそのままCFのキューに反映されるかというと難しいだろう。
タンクやヒーラーが疲れる、とか1枠しかなくロット争いに有利で装備が揃ってしまったら行かない、とかだと希望を出す人の量は少なくならざるを得ない。

このあたりは2.1で対応すると行っていた、少ないロールへのボーナスや、リワード報酬が増えるランダムマッチングに期待する他ないだろう。

また、Tankの内訳では、斧術士、戦士の割合が低い。
番長もメインは斧術士(戦士にはまだなれない)ので、ちょっと寂しいところ。

また、フォーラムではエンドコンテンツで、戦士はナイトに大分Tank性能が落ちるので厳しい、という話が持ち上がっている。同じように、学者は白魔道士と比べてHealer性能が落ちるので需要が少ない、と。

これに対して吉田Pは、戦士も学者も開発の中では十分に強く活躍できている。いまはまだ、プレイヤー間で、十分に研究されてない状態ではないか。ベテランプレイヤーの方々に研究と啓蒙を頑張って頂き、それが広まるまでライトな人々は自分のペースでやっているのがいいんじゃないか、というようなお話だった。

自分だけが戦士の戦い方が分かっていても、周りがそれを理解してないと十分な動きはできない。
Lodestoneの日記でも、戦士や学者の戦い方を研究して、啓蒙している人も見かける。

戦士や学者を志す人であれば、そこからいろいろなことを読み取ってくれると思うが、そうでない人に対してどんなに詳しく解説して、戦士や学者の良さを力説しても、なかなか理解されるのは難しいのではないだろうか。

プレイヤーは、特にパーティなど団体で行動するときは、戦法についてはかなり保守的になるので、新しいスタイルの戦い方やそれを活かした戦法などには消極的な人が多いだろう。

ここで重要な意味をもつのが、新生FF14での動画解禁。
テキストで解説されるより、上手い戦い方をプレイ動画で共有される方が100倍説得力がある。

フォーラムで動画解禁の話題はハラスメントなどへの対処などの話題が多く、ネガティブになりがちだけど、こういったポジティブな面にも大いに期待したい。


■グランドカンパニー所属分布

fig18


旧FF14では、グランドカンパニーに配属される段階ではナナモ様も存在は表に出てこなかった。
しかし、新生では、最初から猛烈にアピール。

すべてはナナモ様のせい。

汚いなさすがウルダハきたない。


がんばれ提督!
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。