【旧から数えて】Lodestone旧生祭【7周年】

2010年9月30日にFinalFantasyXIVが正式サービスを開始してから早いもので丸7年。
公式には、2013年8月27日の新生FF14正式サービス開始日を記念日的として扱っているけど、旧FF14からのプレイヤーにはこちらも大切な記念日。

この旧版FF14の正式サービス開始日に今は亡き旧版Lodestoneの精霊ロドストさんと1年の振り返りをするLodestone旧生祭も7回目となる。7回目ということは過去に6回やっているわけで、1回目から辿るとまさにFinalFantasyXIVの7年間の歩みの記録となるわけだ。

【旧から数えて】Lodestone旧生祭【4周年】
【旧から数えて】Lodestone旧生祭【5周年】
【旧から数えて】Lodestone旧生祭【6周年】

FinalFantasyXIVの14周年を一つのゴールと考えればちょうど折り返し地点。先輩タイトルであるFinalFantasyXIは今年の5月で15周年。FinalFantasy30周年の約半分の期間サービスを提供し続けてきた偉大なタイトルだ。そのFF11が2002年5月のサービス開始からまさに7周年を回った2009年6月のE3で突然発表されたのがFF14だった

今で言うと、来月くらいにFF16オンラインが電撃発表されて2018年からサービス始まるみたいなもので、そう考えると7年という時の重みが感じられる。3年目で1回新生しているんだけどね。

PCやテレビで遊ぶゲームとしての次世代のMMORPGを目指して期待されたプロジェクトが中止され、今年はスマートフォンで遊ぶ本格的なグラフィックのMMORPGが主に韓国メーカーを中心にリリースされた。自分もちょっとやってみたけど「この世界に自分の分身が居る」感があまり感じられず、ゲーム体験としては中途半端な感じだった。でも3年後、4年後を見据えると、真正面から無茶なチャレンジを続けている韓国・中国勢がどこかでゲーム体験を革新する何かを生み出す可能性を感じる。

それ以外で、ゲーム体験に革新をもたらす可能性があるのがVR。それこそソードアートオンラインの世界を実現させてやろう、という壮大だけど分かり易い目標があるので、VR技術の発展の先にはそんな無謀なチャレンジをするところが出てくることを期待している。

ただ現時点ではぜんぜんリアリティがない話なので、まぁ当面はエオルゼアの世界に浸っていいいのかなぁ・・・と思う7周年の今日。FF14のこの1年の振り返りを旧Lodestoneの化身、ロドストさんにお願いしよう。
続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(7/15)

親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさま、幸運番長ですこんばんちょ。

拡張パック第2弾「紅蓮のリベレーター」が6月16日にアーリーアクセス開始されてから早1か月。
来週にはオメガ零式が開放され、それに伴う各ジョブのバランス調整もいろいろ入るとのこと。
本日行われる浜松FATEのPLLでいろいろ話が出てきてその話題で盛り上がることだろう。

ということで、こちらはひっそりとLodestone国勢調査を更新し、紅蓮のリベレーター発売によるプレイヤー動向をウォッチしていこうと思う。


「The Lodestone国勢調査 ワールド別統計」 

画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。

前回の調査は拡張発売前の6/6日。いつもならマイナーパッチの4.05リリース後に集計するのだが、ハイエンドレイドや週制限トークン装備、新式装備の開放など、装備更新がこのタイミングでも入るので、その前に拡張の評価を確認する意味でも、4.05リリース前のこのタイミングで調査することにした。

また、今回に限りアクティブキャラクターの判定方法からHPの変動を除外、レベルや経験値の変動を要素に加えた。
理由は、バトルシステムに大幅な変更が入った影響でステータスのHPへの換算式にも調整が入ったからか、まったくプレイしていないキャラクターのHPも微妙に変化していることが調査して分かり、本来除外したい休止キャラクターが大量に復帰にカウントされてしまったためだ。

ただ、HPの変動判定はカンストしてしまったキャラクターの判定に有用であることは変わりないのでHPの変動も復活させる。レベルキャップが70まで上がった今回はカンスト前提の判定は不要だろう。

また、今回から称号ランキングを削除した。
とりあえず取れるデータだから取って集計していたが、対応するアチーブメントのリストや日本語、英語の対応用のデータを整備するのに毎回時間が掛かるわりには、あまり面白い結果にはならないのでその労力を他のことに回すためにやめることにした。続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(6/6)

親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさま、幸運番長ですこんばんちょ。

拡張パック第2弾「紅蓮のリベレーター」の発売もいよいよカウントダウンに入った。
今回もユーザーコミュニティの「カウントダウンイベント」に公式が乗っかる形でTwitterのタイムラインは大いに盛り上がっている。
日本では、プレイヤーブログ「一撃確殺SS日記」の人気企画からドラマ化になるという前代未聞の展開で注目されたドラマ「光のお父さん」が、先日最終回を迎えた。
Lodestoneの日記やTwitterのタイムラインには「ドラマを見てはじめました!」とか「ドラマを見て復帰しました!」という声をよく見かけるし、そういう人を歓迎し冒険に導こうとするプレイヤーの活動も活発だ。

ただ、ゲームの中の方は拡張前の凪の時期。
こういう時期こそなんかやろうとユーザーイベントを企画する人も多いが、基本的には新しいコンテンツもなく、装備も取得条件緩和もあり、一通り欲しいものは揃っている状態。

前回はパッチ3.5のリリース初期の状況を調べたが、今回は拡張前リリース後と比較するために、同パッチ内ではあるが、パッチ3.5の後期の状況を調べてLodestone国勢調査ワールド別統計のデータを更新した。



「The Lodestone国勢調査 ワールド別統計」 

画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。

FF14プレイヤーの今を俯瞰的にみてみようと、メジャーパッチのリリース後の中間パッチくらいの段階でデータを取り始めて更新している。
ただ、今回は変則的ではあるが同パッチ内での更新になる。
3.5の最初の段階でもう装備が揃っていたり、メインシナリオでミニオンやマウントが貰えるクエストも無かったことから、実際にはプレイしていてもデータ上は変化なし=休止プレイヤーと判定されることもある。

そのあたりが、今までと状況が違うことをご留意いただきたい。
続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。