【Lodestone国勢調査】アチーブメント統計(2019/3/31)

親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさま幸運番長です。

ファンフェスティバル3講演も終わり、パッチ4.5後編のストーリーも公開されたことで、いよいよ次期パックの漆黒のヴィランズに向けて期待が高まっている今日この頃。とはいえリリースまではユーザー視点ではまだ3か月もあり、やることが無くなってしまったという人も少なくないと思うけど、ゲームの方で新しい遊びが提供されないこういう時期だからこそ何かを始めてみるのが旧FF14初期の何にもなかった時期を乗り越えて来たレガシープレイヤーというもの。

というわけで新しいネタとしてLodestoneのアチーブメント情報を使って何かできないかと構想している中での予備調査としてデータを集めていた時期と、ファンフェスティバル東京公演の時期がちょうど被った。普段オフ会などの場でキャラ名刺とかオリジナルの冊子とかいろいろなモノをもらっているけど何もお返しするものも無く手持ち無沙汰だったので、名刺代わりにアチーブメント情報を集計して作ったのが「Lodestone国勢調査Fanfestival2019Tokyo 特別号外版」。
今回はその内容に、号外版では時間的にもページ数的にも掲載できなかったNA.EUのデータも加えて紹介しようと思う。

なお今回は新しいデータを扱うので、データ収集の前提条件や数字の読み方を誤解なく伝えたいのと、特に速報性も無いので英語版も作成した。分析の意図の説明のような、日本語でも難しいことを英語で伝える自信がないのでその辺は省いている。いつもRedditとかLodestone国勢調査の内容を翻訳して紹介してくれている方はそちらを紹介しつつ、日本語版にある解説情報などを捕捉していただけるとありがたい。

続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(2019/2/10)

親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさま、パッチ4.5のリリースが年明け早々に行われて以来ドマ麻雀にハマリっぱなしの幸運番長です。

次の火曜日にはもうパッチ4.55のリリースで禁断の地エウレカ・ヒュダトス編や、新ライバルウィングズがリリースされますが、いろいろ追加がある前にパッチ4.5の動向ということでパッチ実装後1か月といつもよりちょい早ですがLodestone国勢調査のデータを更新してみた。

画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。

前回1月1日はパッチ4.4リリース直前。パッチ4.5では拡張に先立って新ジョブの青魔道士が実装された。青魔道士はレベルは制限されているが従来のジョブバランスの制約を外したリミテッドジョブという新しい扱いでレベル1から。ということで従来のフリートライアル除外目的のレベル36以上という制約にハマってしまうので、今回から青魔道士はレベル1でもカウントするようにした。
次回以降も青魔道士ならレベル36以上でなくてもデータを取得するが前回とHP・経験値・ミニオン・マウントのデータを比較して変動がなければ非アクティブ扱いになる。今回は青魔道士になっていたらパッチ4.5はプレイしているはずなので青魔道士は全部アクティブキャラクターと判定している。

蒼天の追加ジョブの暗黒騎士・機工士・占星術師もレベル30~35までのキャラクターがこれまで除外されてしまっていた。今回加えるとレベル33くらいで休止中の人も新規になってしまうので今回は比較用のデータだけ取って次回以降データに変動があったらアクティブに勘定していく。
続きを読む

ドマ式麻雀手牌画像作成ツール

パッチ4.5がリリースされた。

次期拡張に向けていよいよクライマックスに入るメインストーリーやリターントゥイヴァリースや四聖獣奇譚の完結編など紅蓮シリーズの盛り上がりも最高潮に達するパッチだが、やっぱり注目はドマ式麻雀。
ゲーム内のアバターで、フレンドやマッチングで気軽に麻雀が楽しめるとあって久しく麻雀ご無沙汰だった番長もワクワクが止まらないわけであります。

ほぼ同じルールのまま昔から親しまれてきた麻雀のゲームとしての面白さはもう証明済みみたいなもので、今後拡張前のコンテンツのアップデートがしばらく無い時期でも麻雀さえあれば楽しめるというもの・・・。


と、決して強いわけではないが麻雀経験者の自分としてはさっそくどっぷりと楽しんでいるわけだが、結構今回のドマ式麻雀で始めて麻雀をやってみようとしている人が結構いるそうだ。


なら麻雀初心者のための解説記事を・・・と言ったところで麻雀の解説記事が書けるほど詳しいわけでもないし、麻雀の解説コンテンツはもうすで世の中にごまんとあるので今更自分がやらなくても・・・と思ってしまう。

ただ、ドマ式麻雀から入って、折角FF14の雰囲気に合わせた麻雀牌のデザインをしているのだからこれからFF14のプレイヤー向けにドマ式麻雀の解説記事を書いてくれる人にはドマ式麻雀牌で解説したいという需要はあるだろう。

麻雀牌の手牌画像を作るツールは数あれど、ドマ式麻雀牌の手牌画像を作るツールを作るやつはFF14プレイヤー以外に居ないだろうな・・・と思ったので早速作ってみた。



ツールSS



ドマ式麻雀手牌画像作成ツール



続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。

記事検索