新生エオルゼアの冒険者の皆様、並びに未来の冒険者の皆様、元デュランダル、現カーバンクルのLEGACYプレイヤー、幸運番長ですこんばんちょ。

前回更新の8月9日からちょうど5ヶ月が経ってしまった。ほぼ半年だ。それもこれも3.1のりリリースまで約4ヶ月も掛かってしまったからなわけであるが、如何お過ごしであろうか。
3.15リリース後からデータを取り始めて収集が完了して集計が終わったら年が明けてしまった。

ということで、ワールド別統計の無事データ更新のお報せを届けることができる。


「The Lodestone国勢調査 ワールド別統計」 

画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。

FF14プレイヤーの今を俯瞰的にみてみようと、メジャーパッチのリリース後の中間パッチくらいの段階でデータを取り始めて、更新している。


前回は、蒼天のイシュガルド発売後ということもあり、新種族のアウラ人口の話題が中心だったけど、今回は(話題的には今更だが)機工城アレキサンダー零式のクリア状況のワールド比較や、アクティブキャラクターのシナリオ進行具合をちょっと掘り下げてみる。

なお、今回、アクティブキャラクターの判定の条件に、従来のHP,ミニオン、マウント所持数の変化に加えて、Botキャラクターの排除を目的として所持マウント1体以上、というのを加えた。botキャラクターっぽいデータを調べてみると、マウントを1つも所持していないことが多かった。また通常のプレイヤーを除外するリスクは、ストーリー上マウントを獲得できるのがレベル20のクエストで、抽出条件が、キャラクター検索でレベル21以上。通常のプレイであればまず取得する。もしくは、マイチョコボを取得してなくても、ベテランリワードやオプションアイテムのマウントを取得できる(ゲーム中では乗れない)。以上の理由から、一般プレイヤーのキャラクターをbotと誤判定リスクは軽微と判断した。
・アクティブキャラクターは77万、蒼天キャラクターは46万

集計対象のベースとなるアクティブキャラクターの判定基準は以下の通り。
  • Lodestoneキャラクター検索でレベル21以上
  • 前回(8/9)の調査から、HPに変化がある(増えても減ってもかまわない)
  • 前回(8/9)の調査から、ミニオン、マウント所持数が変化している(増えるだけだけど)
  • 前回調査では居なかった新規キャラクター
  • マウントの所持が1体以上(※今回追加)
前回、評判のよかったミニオン、マウント所持判定によるシナリオ進行別のキャラクター数のリージョン別のサマリーを見てみよう。

リージョン別蒼天シナリオ進行キャラクター数

アクティブキャラクターは77
そのうち、新規キャラクターが20万となった。

アクティブキャラクターの算出方法を変えたので前回調査との比較は難しい。
参考までに今回の「マウント所持数1以上」の条件を入れたことで除外されたキャラクターは約15万。そのほとんどが新規キャラクターだった。

なお、シナリオ進行判定は、こちらはクエスト報酬マウント判定なので前回データでも今回の条件は同じなので比較が可能だ。

蒼天のイシュガルドのシナリオに進んでいるのは46万キャラクター。前回38万から+8万。

前回まで蒼天まで進んでいなかった新規や復帰者の分や、余裕が出てきた人が2キャラ目のシナリオを進めていたり等あるだろう。

蒼天のイシュガルドリリース時のメインシナリオをクリアしているのは39万キャラクターと前回の29万から+10万。
前回は、リリース後1ヶ月程度だったので、マイペースな人はクリアまで行ってなかった人も多かったと思う。


ただ、今回パッチ3.1のメインシナリオをクリアしているキャラクターになると、20万キャラクターと半減する。
零式のリリースや禁書装備の解禁はパッチ3.05(7/21)で、この時期プレイしていれば、現在休止していても今回のアクティブキャラクター数にはカウントされる。なので、継続的にプレイしていて、シナリオを追いかけているユーザーの3.1のプレイ状況として確認できるのがこの項目。
シナリオ最後まで進めなくてもプレイできるコンテンツがほとんどなので3.2リリース前まで後回しにしている人も居るだろうが、それでも半分というのはけっこうインパクトがある。
長く空いてしまったパッチリリース間隔や、機工城アレキサンダー零式の高難易度問題などで休止してしまった分が相当数あるのだろうと思う。


表には無いが、2周年の新生祭の記念ミニオンのマメット・イゼル、マメット・ユウギリを持っている人が28万キャラクター居て、去年の1周年の際のマメット・ミンフィリア、マメット・サンクレッド所持の20万キャラクターよりは多い(現在はミンフィリアとサンクレッドは課金販売されているので、1周年の新生祭参加の指標にはならなくなっている)。

なので、拡張パックのリリースで活性化している部分もあるだろうが、そういう人達に3.1以降も続けてもらっているか、3.0の間に休止してしまったユーザーを呼び戻せるか、次回3.25リリースあたりの調査で分かるだろう。


・ワールド別シナリオ進行状況

次に、ワールド別にアクティブキャラクター数や、シナリオ進行状況を見てみよう。

ワールド別シナリオ進行キャラクター数

パッチ3.1のメインクエストをクリアしているキャラクター数の多い順にランキングしている。
1位はNAリージョンの大都会Balmung。全体的に人口ボリュームが大きい。
2位にはJPのShinryu、3位はChocoboと続いている。PS4リリース時に追加されたShinryuは、新規ユーザーに人気が高く、それが同レベル帯のユーザーが多いと、また新規に好まれる循環になっている。
人気ワールドのChocoboは常時新規キャラクター作成制限が掛かっているような人気ワールドで、アクティブキャラクター数に対するシナリオ進捗率が群を抜いて高い。

JPだと、5位にBahamut,6位にTonberryと続きいた後は、15位のCarbuncleまで間がある。
その間で目立つのはEUワールド。東西に地域が広い分ピークタイムが分散されるので、ワールド収容キャラクター数がピークタイムが重なるJPより多い傾向にはあるが、これだけ固まってランクインしているのを見ると存在感ある。同じEUでも、37位Lichと40位Zodiarkにはまだ余裕がある。

ZpdiarkはShinryu(JP),Jenova(NA)と一緒に、PS4リリース時に追加されたワールドだが、JPでShinryuが人気なのと対照的にEUでは不人気なワールドになっている。元々プレイヤーの入れ替わりが激しい地域だと、古参が多いから・・・とかそういうのが無い分、単に人口の多さで既存ワールドが好まれるのであろう。

26位あたりから下は、1位のBalmungとダブルスコアになっているが、最下位のMateusは1位と6倍差ついていて、これは流石に・・・、という状況。

高難度レイドの零式募集の厳しさから、過疎ワールドの統合を希望する声は多いが、下手に2ワールドくっ付けると、統合には当然レイドに挑戦しないようなプレイヤー数も含まれるので、キャパシティに余裕のない状況になるから難しいんじゃないかな、と思った。

それでも、NAの最過疎Mateusは厳しいと思うが・・・。


・機工城アレキサンダー起動編・零式踏破状況ワールドランキング

以前、真成編クリアアチーブで貰えるミニオン・ルイゾワの所有数を指標に、真成編クリア状況のワールド比較をして、思った以上に反響が多かった。→参考

今回の機工城アレキダンサー起動編・零式4層もクリア時にマウント「ゴブリウォーカー」がパーティで1個貰える。なので、踏破キャラクター数ではないが、持っている人数が多いワールドほど、零式4層を踏破している数が多いと解釈できるので、さっそくランキングしてみた。

機工城アレキサンダー起動編零式4層踏破ランキング

やはり、ダントツでChocobo(JP)ワールドが839で1位。数でもアクティブキャラクター比でも抜きん出ている。
人口の少ないワールドでは、挑戦人口自体が少ないので零式への挑戦自体が難しく、Chocoboへワールド移転したプレイヤーも多い。
運営も、そこまでプレイヤーにさせてしまった難易度を反省して、次回の律動編では難易度を下げるという発表があった。こうやって数字にしてみると、なるほど納得の偏りだ。

2位はBahamut(JP)の306。1位とは2倍以上の開きがある。3位はCarbuncle。4位にGaruda(JP)となっているが、ワールド統計では対アクティブ比でランキングしていて、そこでは2位になっている。
対アクティブ比でみると、Atomos(JP)やTiamat(JP)も健闘している。

JPが続く中、NAで上位にランクインしているのが5位のGilgamesh(NA)。
EUは24位のRagnarok(EU)まで落ちるが、昨年9月にEUデータセンターが出来て、回線の遅延が少なくなったことで、今後はEU勢が盛り上がってくる・・・かもしれない。


・Patch3.0新規キャラクターの動向

前回(8/9)の集計で確認された新規キャラクター数は28万キャラクターだが、今回の「所持マウント数が1以上」を条件に加えると20万キャラクターになった。

それらが、今回どういう状況になったのか、少し突っ込んでみてみようと思う。

蒼天新規の内訳

だいたい半数くらいがアクティブで残っている。もっとも今回のアクティブは、パッチ3.05の新トークン配布や、機工城アレキサンダー起動編零式がリリースされた直後のエンドコンテンツが盛り上がった時期を含んでいる。
実質、拡張パックリリース直前に始めたみたけど続かなかった人や、買って1月ほど続けてみたけど止めてしまった人だろう。
3.0後半から休止したようなキャラクターは次回の調査以降で分かるはずだ。

次に現状アクティブなキャラクターはシナリオのどの部分まで進めているのかみてみよう。

蒼天新規アクティブの進行状況

JPだと、Patch3.0のメインクエストをクリアしているのが50%強で、その中でも最新のシナリオに追いついているのが24%ほどいる。一方でまだPatch3.0のシナリオに入ってないのが30%ほど。
NA,EUはJPに比べて進行は遅め。
マイチョコボ未取得なのは、アクティブ条件から、最低マウント1つはもっているのでサブキャラのベテランリワードマウント持ち等と判断できる。


次に、アクティブ以外の、休止キャラクターの進行状況や削除キャラクターの割合を見てみよう。
蒼天新規非アクティブの進行状況

圧倒的に、新生編の段階で止まっている。Lv50でメインクエストクリアしてからイシュガルドにいくまでもけっこう大変だが、圧倒的にLv50メインクエスト前で止まっている。
まだまだ導線が不親切なのか、単に合わなかった人が止めていくのか・・・詳細はわからないが状況としてはそういうことらしい。



調査報告は以上だ。


3.2では、機工城アレキサンダー律動編がリリースされる。踏破状況はもちろん追いたいが、確認できるかどうかは、踏破報酬にミニオンかマウントがあるか否かで決まってしまうので、期待半分。

今回データを取っている間の12/24にアートブック第2弾が発売されてマメット・リルムを手に入れた人も多いだろうが、その時がちょうどデータ取得中だったので、マメット・リルムの取得数に関してはあまり不正確ではない。これも次回に分かるだろう。
また、データが取り終わったくらいの時期に「称号「Mammeteer」をつけてミニオンにエモすると反応が変わる」、という情報が出てきたので、次回の称号使用数ランキングに大きく影響するだろう。