親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさま、幸運番長ですこんばんちょ。

先日リリースされたパッチ3.55bでリニューアルされた雲海探索ディアディム諸島。初日にギャザラーPT組んで金策調査行ってみたが金目のものはなく、その後はLodestone国勢調査の集計作業していたのでいけてない・・・。
緊急任務でドロップするIL280武器の話題で、PAX Eastの吉田Pの発言などで大層盛り上がっているようだが、緊急任務はおろか狩猟任務のFATEすらやれてないので完全に蚊帳の外・・・。
入手確率的なレアリティという意味では、レイド武器やアニマウエポンよりも上になるのは妥当だとはおもうのだが、プレイヤースキル勝負のレイド武器、コツコツ型のアニマウエポンと運依存の空島武器の中でアイテムレベルだけでなく、一部のジョブ武器での性能面で頭一つ二つ抜けちゃっている存在そのものが物議をかもしているね。

自分はアニマウエポンの魂の凝縮もまだ7/10で人造精霊ちゃん手に入れてないから、コツコツ頑張るだけなんだけど。


され、パッチ3.5がリリースされたのがもう先々月のことになってしまったが、 今回の目玉はなんといってもワールドレス(DC間)パーティ募集。レベルファイブの日野社長をして「世界が変わるレベル」と期待された機能だったが、いざ導入されてみると、やっぱりインパクトが大きいね。
募集がある、募集を立てて人が来る、ということに期待ができると、みんなより募集を見たり、立てたりするから、好循環が生まれる。

番長も先日DC間募集で、レガシー時代にお世話になったグングニルの人の極ズルワーン練習パーティに未クリア初見で入れてもらって、大変楽しい時間が過ごて初見クリアのおまけまでついてきた。
いつかDC間の壁もなくなり、日本リージョン全体でパーティ募集できるようになれば、日ごろTwitterで交流のある人ともパーティが楽しめるので、期待していきたいところ。


そんなプレイ環境が大きく改善されたパッチ3.5のリリースでどのくらい変わったのかを、データを元に振り返ってみるべく、本日Lodestone国勢調査ワールド別統計のデータを更新した。
 


「The Lodestone国勢調査 ワールド別統計」 

画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。

FF14プレイヤーの今を俯瞰的にみてみようと、メジャーパッチのリリース後の中間パッチくらいの段階でデータを取り始めて、更新している。


先日のLodestoneの更新で、キャラクターページから取得しているマイスタークラスが分かるようになったので、今回から取り入れてみた。
mei

マイスター人口は、マーケットの競争環境にも影響するので、自分のワールドではマイスターが人気があるか、人気の組み合わせは・・・など気になるクラフター諸兄はぜひ参考にしてほしい。


あわせて、キャラクターページで設定されているクラス・ジョブとメイン武器のアイテムレベルの情報も収集した。Lodestoneのキャラページにあるジョブや装備は必ずしもメインジョブではないが、だいたいメインジョブで闊歩している人が多いので、レベルのデータよりはジョブ分布の参考にはなるだろう。
il

メイン武器のILを指標に入れたことで、レベルキャップ数や、ジョブ人口分布だけではわからない、エンドコンテンツのジョブ人口の偏りが垣間見えてくるんじゃないかな。

また、フリーカンパニーの集計は、いままでLodestoneの検索結果のフリーカンパニーや、表示されているメンバー数を元に集計していたが、今回から、対象がアクティブキャラクターが1人以上所属しているフリーカンパニーを対象に、メンバー数の集計もアクティブキャラクターに絞った数にして、より実際のゲーム内コミュニティ状況を反映させるようにしている。

また、表面上はわからないが、内部のデータの持ち方を変えてデータのダウンロード時艱を短縮するようにしたので、モバイルとかで回線が細い人も、ちょっとは状況が改善していると思う。


このあたりについては、後半見ていくことにしよう。

・アクティブキャラクターは56万、蒼天キャラクターは43万

集計対象のベースとなるアクティブキャラクターの判定基準は以下の通り。
  • Lodestoneキャラクター検索でレベル36以上
  • 前回(11/26)の調査から、HPに変化がある(増えても減ってもかまわない)
  • 前回(11/26)の調査から、ミニオン、マウント所持数が変化している(増えるだけだけど)
  • 前回調査では居なかった新規キャラクター
  • マウントの所持が1体以上
ミニオン、マウント所持判定によるシナリオ進行別のキャラクター数のリージョン別のサマリーを見てみよう。
 リージョン別シナリオ進捗キャラクター数

まず、アクティブキャラクター数が、前回の50万切りから大きく回復して56万とかなり増えている。
集計基準の見直しもあって正確には比較できないが、拡張リリースから減少傾向にあったアクティブキャラクターが大きく上がったのは素直にうれしいところ。

継続キャラクター数は、前回とほとんど変わってない。その代わり新規が10万から16万と50%増えている。この影響が大きいだろう。
前回の調査以降であった出来事といえば、FF14ユーザー以外にも訴求したドラマ「光のお父さん」の発表の影響が大きいのかな?
・・・と思ったが、ドラマ関係ないNAやEUも増えているので、日本固有の現象というわけではなさそう。ファンフェスで追加情報が発表された紅蓮のリベレータへの期待なのか、ワールド間パーティ募集によるマッチング環境の改善か・・・。
とりあえず、盛り上がっているから良しとして、この新規層がちゃんと定着していくように期待したい。

シナリオ進捗の面では、今回はパッチ3.5パート1のメインシナリオではミニオンもマウントももらえなかったので、最新メインシナリオ進捗は確認できなかった。

パッチ3.4のシナリオ進捗を確認すると、前回の18万から今回29万と大幅に増えている。
ただ、前回そのまえのパッチ3.3までの進捗が28万だったので、単純にメインシナリオは次のパッチが来る時に終わらせるようなプレイスタイルの人が多かった、ということだろう。
※そのパッチのメインシナリオがコンテンツ解放に関係ない場合は特に。

・ワールド別シナリオ進行状況

ワールド別にアクティブキャラクター数や、シナリオ進行状況を見てみよう。
ワールド別シナリオ進捗キャラクター数


パッチ3.5のシナリオ進捗データが取れなかったのでパッチ3.4のシナリオ進捗が多い順にソートしている。
NAトップのBalmungがダントツの人口の多さで、前回の2万2千から2万6千とさらに伸ばしている。
日本は新規キャラクター作成制限のためか、上位の並びこそ変わってないもののそこまで広がらないが・・・NAでも作成制限無いはずがないのだが・・・NAの「人口の多いところにキャラ作ろう」熱にはすごいものがある。
ワールド間パーティ募集が定着すればもう少し傾向が緩やかになるのだろうか・・・。

PAX Eastで発表されたが、5月には北米データセンターが増強されサーバーもスペックアップされる予定だそうで。
EUは、全体的に過密になってきたので、どこかのタイミングでワールド追加が行われえるそうだが、NAはMateusにも人が定着するように、この偏りをどうにかしないと厳しい。
過疎ワールドはハウジングの土地がたくさんある・・・とは言っても、日本ほどハウジングが盛り上がってないので、NAは中堅でも土地余ってそうな雰囲気はある(調査してないが)。

そのMateusだが、前回は最新シナリオ進捗でもアクティブキャラクターでも最下位だったが、今回はアクティブキャラクター数では日本の下位ワールドを抜いて、中堅下位くらいになっている。

おそらく人口が少ないワールドならシロガネだろうが余裕なので、是が非でもシロガネ!という人は移住も検討してみてはいかがだろうか。

・機工城アレキサンダー天動編・零式踏破状況ワールドランキング

Lodestone国勢調査でも、毎回人気なコテンツである零式踏破状況ワールドランキング。
だた、天動編・零式の難易度が下がったことで前回の段階でかなりの人がクリア済みだったため、従来のような「結果発表!」な雰囲気はもうあまりないが、それでも継続観察は大事なので集計してみよう。

ワールド別レイド攻略状況


いや、ちょっとChocoboのアクティブ比27.7%って何?4人に一人は持っている計算だよ?
さすがに人数比でダブルスコアとか、そういう段階ではないのだけど、普通レイドやる人の割合って適当なところで頭打ちになるもんじゃないの?

暇だから、装備も強化されて超える力も付いた律動編もやってみようかー、って雰囲気でもなさそうだし。・・・まぁ、ミニオンのファウスト先生より、起動編のゴブリン戦車の方が欲しいよね。
起動編零式1層がリットアティン状態だから、今ならゴブリン戦車も余裕かな?

ともあれ、レイド人口比のJPとNA,EUの差は本当に大きいね。
これまでよりも優しくなったとはいえ、そのくらいではやる人自体が増えたりはしないってことなのだろう。 
ワールド間パーティ募集も、どこまでNA,EUのレイドプレイヤーのプレイ環境改善に貢献できることやら・・・


・鳥マウント取得状況

2.xでは、討滅戦のレアドロップとして用意された馬。全種集めるとマウント・麒麟が貰えた。
3.xでも、討滅戦のレアドロップとして通称鳥マウントと呼ばれているマウントがある。

前回はリーチ状況の調査ということで調べたが、今回はすでに全種類コンプで貰えるフライングマウント「鳳凰」が取得可能だ。その取得状況を調べてみよう。
鳥マウント


前回はリーチがJPで500人くらいだったけど、今回一気に約10倍の5000人弱がマウント鳳凰をゲットしている。
NA.EUでもかなりの人がゲットしているし、トーテム交換という最後のセーフティーネットがあるので、頑張ればだれでも目指せるものになっているのが大きいだろう。

自慢要素のレアリティとしては下がっちゃうけどね。
たまたまポロっと転がってきた、とかじゃなくそれを目指して周回する人がいるから、運が悪いとずっと報われない、というような状況になるのは歓迎されないのだろう。



・マイスター取得状況

今回からワールド統計に追加されたマイスター取得状況。
全ワールドの総計よりも、いくつかワールドを取り上げて比較する感じで見てみよう。
・・・と思ったけどグラフの見た目的にはそんなに大きい差は無いね。

ダイジェストでまとめると
  • 日本がマスターを取っているキャラクターの比率が高い。
  • 一番人気は裁縫、次いで彫金、革細工はJP,NA,EUともに変わらない。3職の組み合わせもこの3つが多い。
  • 取得の組み合わせでJPで多いのは「調理師」。レイド用の食事の自給自足需要かな
  • 3職全部取らない、という人が意外に多い。マイスタークリスタル付けるだけでもステータス上がるのに。
という感じ。
NA,EUのクラフター不足、供給不足からくる物価高という状況や、レイド人口による調理師需要の違いなどが垣間見えて面白かった。


・ジョブ別武器IL装備分布

下記は、ワールド統計から我らがCarbuncleワールドのデータを拝借してきたもの。
繰り返すけど、このデータは、Lodestoneのキャラデータ収集時に表示されていたジョブで、メインジョブ(そのキャラクターの一番いい装備のジョブ)ということではない。
が、多くの人がメインジョブでいる時間が多く、Lodestoneに反映されているのも割合的にメインジョブが多いので、傾向としては参考になるんじゃないかな、と思って収集、集計したデータだ。

そこんとこヨロシク。
 
ilcb

グラフは各ジョブごとに、装備していた武器のILを集計。色の濃い方が高いILの武器を装備していたキャラクターで、見た目のグラフの高さ(データ収集時のジョブのキャラクター数)よりも、色の濃い方ほ高さ(高ILの武器装備キャラクター数)を見ると、エンドコンテンツでのジョブ分布を反映していると考えられる。

まず目立つのは、機工士が少ない。メッチャすくない。
番長もサブで機工士やっているけど、メインの戦士の方が出番多いので機工士出すことはそれほど多くないのだけど、(多分、いつも戦士でログアウトしているのでここでも戦士でカウントされているけど)これほど少ないとは思わなかった!

機工士は、面白くないわけじゃないのだけど、「銃」にフィーチャーするジョブとしてのイメージとしては、リムサの銃術士ギルドやメルウィブ提督の2丁拳銃の印象もあってか、バンバン連射する感じのイメージが強かったので、タレット置いてバス、バスって感じがビジュアル的に「機工士やりたい!」という感じにはならなかったんだろうなぁ。
ジョブとしては攻撃の面でも支援の面でもとても強いし、パーティ需要はあってテクニカルでやりがいもあるジョブなんだけどね。
あと、ステファニヴィアンはとってもいいヤツ!


タンクでは、IL260以上のタンク内比率だとあまり差が付かないけど、IL275武器の取得状況だと、戦士は、ナイトと暗黒を足したのと同じくらい持っている。エンド需要の差がはっきりと数字に表れている。
近接DPSだと、竜騎士が人気だけど、モンク、忍者もそこそこ多い。
遠隔キャスターは、黒魔道士が召喚士の2倍くらいある。Lv60になって、3.0の初期はかなり召喚強いって言われていた印象あるけど、ここまで差が付くとは・・・。
ヒーラーは白魔道士が、学者+占星術師を合わせたくらい多い。最近、占星術師の強化に押され気味という印象もあったけど、人気ではまだまだ白ちゃん健在。

という感じだが、他のワールドもみてみよう。
ilclivajpg

これは、NAのLeviathanワールドだが・・・おや、色の濃いところが大分少ないな・・・
と思いきや、最高ILが280と、他のよりも1段階ズレている。
学者と戦士で1人ずついた。

データ収集のタイミング的には、パッチ3.55bに収集期間が被っていたのはラスト1日くらいだったのだけど、その間にIL280の装備をゲットしてデータに反映された人がいた、ということだ。
 
全体的な印象は、機工士が少ないのは相変わらずだけど、それ以外のジョブの差はJPほど大きくない。
レイド攻略が活発だと、レイドの需要でジョブを選ぶ人が多いけど、そうでもないと、単純に自分がやりたいジョブを選ぶってことじゃないかな。


最後に、レイドが活発なChocoboを見てみよう。
ilchoco

 うん。やっぱり色の濃い部分が多いなぁ・・・


・その他の見どころ
 
・キャラクターが付けている称号の統計、これまではミニオンのエモへの反応が変化するMametterが不動の一位だったが、GAROコラボの影響で、GAROの称号が軒並み上位に入っている。

・ミニオン集計でアニマウエポンIL270を完成させると手に入る「人造精霊」の集計。取得率上位32ワルードをJPが独占。どんだけ日本人コツコツ好きなんだよ。ちなみに、取得数1位はChocoboを押さえてShinyu。取得率1位はTiamatで、Chocoboは取得率では10位。


調査報告は以上だ。

今回は残念ながら3.5のシナリオ進捗はみれなかったが、3.5パート2がリリースされて、そこで調査ができそうなら、同パッチ中での集計は前例がないがやってみようと思う。
(同パッチ内だと装備更新があまりないので、アクティブキャラクター判定が必要以上に厳しくなる可能性があるので、基本パッチ毎の調査にしている。)


タイミング的には、ドラマ「光のお父さん」がどれだけFF14に、これまでリーチできなかった層から新規ユーザーを引っ張ってくれるか見れると面白い。

紅蓮のリベレーターリリースのちょっと前になるので、新情報などもどんどん出てきて盛り上がる時期だろうが、ゲーム内ではコンテンツ的にやることがなくなるまったり期でもあるので、データ的にはたぶん厳しいモノになりそうだが、パッチ3.5パート2の内容次第だ。