親愛なるエオルゼアの冒険者のみなさま、幸運番長ですこんばんちょ。

拡張パック第2弾「紅蓮のリベレーター」が6月16日にアーリーアクセス開始されてから早1か月。
来週にはオメガ零式が開放され、それに伴う各ジョブのバランス調整もいろいろ入るとのこと。
本日行われる浜松FATEのPLLでいろいろ話が出てきてその話題で盛り上がることだろう。

ということで、こちらはひっそりとLodestone国勢調査を更新し、紅蓮のリベレーター発売によるプレイヤー動向をウォッチしていこうと思う。


「The Lodestone国勢調査 ワールド別統計」 

画面イメージ


ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。

前回の調査は拡張発売前の6/6日。いつもならマイナーパッチの4.05リリース後に集計するのだが、ハイエンドレイドや週制限トークン装備、新式装備の開放など、装備更新がこのタイミングでも入るので、その前に拡張の評価を確認する意味でも、4.05リリース前のこのタイミングで調査することにした。

また、今回に限りアクティブキャラクターの判定方法からHPの変動を除外、レベルや経験値の変動を要素に加えた。
理由は、バトルシステムに大幅な変更が入った影響でステータスのHPへの換算式にも調整が入ったからか、まったくプレイしていないキャラクターのHPも微妙に変化していることが調査して分かり、本来除外したい休止キャラクターが大量に復帰にカウントされてしまったためだ。

ただ、HPの変動判定はカンストしてしまったキャラクターの判定に有用であることは変わりないのでHPの変動も復活させる。レベルキャップが70まで上がった今回はカンスト前提の判定は不要だろう。

また、今回から称号ランキングを削除した。
とりあえず取れるデータだから取って集計していたが、対応するアチーブメントのリストや日本語、英語の対応用のデータを整備するのに毎回時間が掛かるわりには、あまり面白い結果にはならないのでその労力を他のことに回すためにやめることにした。
・アクティブキャラクターは66万、紅蓮キャラクターは53万

集計対象のベースとなるアクティブキャラクターの判定基準は以下の通り。
  • Lodestoneキャラクター検索でレベル36以上
  • 前回(6/6)の調査からレベル、経験値が変動している
  • 前回(6/6)の調査から、ミニオン、マウント所持数が変化している
  • 前回調査では居なかった新規キャラクター
  • マウントの所持が1体以上
リージョン別紅蓮キャラクター数動向

アクティブキャラクター数は前回より8万ほど増えて66万
新規キャラクター数は13万。
前回非アクティブだったのが今回アクティブになった復帰キャラクター数が9万。
前回からアクティブで継続しているキャラクター数は44万

拡張パック発売ということで大きく伸ばしているが、おそらくゲーム内の印象ほどではないだろう。
ゲーム内で感じる人口は、みんなのログイン頻度が高まるほどににぎやかになって、プレイヤー数が倍くらいに増えた印象を持つかもしれないが、変動だけに注目するとこのくらいということ。


パッチ3.4メインシナリオクリアのマメット・ムーンブリダの所持キャラクター数は45万。
レベルキャップ開放で、旧バトルクラスがのレベルが60よい大きい(経験値0はカウントしない)もしくは侍、赤魔導士のレベルが50以上のキャラクターは53万。これを紅蓮の拡張を導入しているキャラクターと見做している。

蒼天の時とはアクティブキャラクター判定が変わったりと、あまり正確な比較ができないが、前回蒼天キャラクターの判定に使ったマウント黒チョコボ所持者(蒼天シナリオの序盤で貰える)が38万だったから、かなり増えている。

紅蓮キャラクター数よりも、マメット・ムーンブリダの所持数の方が少ないのは、レベルはジャンピングポーションを使ったけど、シナリオは自分のペースで進めたいという人達や、復帰してまだシナリオ追いかけているけど侍や赤魔道士は開放した、というパターンだと思う。

蒼天の時は、新生クリア(パッチ2.0)して休止したら、拡張パックを買ってもしばらくメインクエストを追わないといけないが、今回はレベリングやシナリオをスキップする課金アイテムが実装されたり、新生クリア時点のレベルでも侍や赤魔導士になれたりと、復帰し易い環境が整えられたことは大きい。もちろん、出遅れてても同じくらいの進捗のプレイヤーと交流し易いビギナーチャンネルの存在も重要だ。


バトルクラスの何れかが70になっているキャラクター数は30万。
紅蓮のメインシナリオクリアではミニオンやマウントは貰えなかったので、これを便宜上紅蓮をクリアしたキャラクターと見做している。
前回の調査でマメット・ムーンブリダを所持していたキャラクター数が33万だったから、このあたりが最新のコンテンツを楽しんでいる層なのだと思う。


今回の拡張パックが良かったかどうかは、それぞれのプレイヤー自身の感想がその人にとっての正解だけど、キャラクター数の動向から見た観点では、今回の拡張パックは成功したと言っていいと思う。
ジョブバランスなどに問題が残っているけど、来週の調整で良い方向に向かうことを期待している。

特に戦士と機工士は本当にどうかよろしくお願いします。


・みんなの進行度

今回は大型拡張パックということもあって、メインシナリオを進めていくだけでもかなりのボリュームがある。
先にバトルジョブの最大レベルをシナリオ進捗と見做してレベル70を紅蓮シナリオクリアとしたけど、もう少し細かく見てみよう。
リージョン別紅蓮レベル・シナリオ進捗

アクティブなキャラクターの半数弱はレベル70に到達していて、この集団が一番大きい。
紅蓮のエンディングには、レベル70になってからもダンジョンやラスボスがあるが、ほぼほぼクリアしてると見做していいだろう。
レベル61からは徐々にさがりつつまんべんなく分布している。シナリオの進捗もレベル相応で、特にどこかで詰まっているということもないようだ。
レベル60は、蒼天のレベルキャップであるレベル60ジャストと、そこから少しでも経験値を稼いでいる60overとに分かれている。
アクティブキャラクターで60ジャストという状況は
・カンストさせたサブキャラで予約特典とかモグレターで受け取った。
・侍、赤魔道士に転向してまだレベル60に届いていない。
・レベルジャンピングポーションをサブキャラに使って使ってそのまま
あたりが考えられるだろうか。意外と多い。
上記のようなキャラが野良モンスター1匹狩ればレベル60overになる。この層が2番目に多い。

今までサブキャラでLodestone国勢調査でデータ収集対象となるのは少なくともフリートライアルのレベル35より先に進めないと行けなあったが、今回ジャンピングポーションが導入されたことで、リアルマネーでこのラインまで上げることができる。
何もせず放っておけば変化なしで次回から非アクティブになるが、シーズナルイベントでミニオンやマウントを取っておくだけでもアクティブになる。
シナリオジャンピングポーションを使ったキャラクターは途中のメインシナリオで貰えるミニオンやマウントが抜けるならば、それを元に判別できるが、使った人の話ではそこはちゃんと習得済みになるらしく機械的に判別することは難しい。

レベル60台はジャストとoverを合わせて9万。レベル61以降の減り方からざっくりと、普通にシナリオを進めてレベル60台に居るキャラクター数を3万とすると、のこり6万がサブっぽいキャラクターと仮定してみる。
前回、いろはす討滅戦でキャンペーン達成者のリーク情報と特典マウントの所持キャラクター数と比べると、キャンペーン達成者に比べて、特典マウントの所持キャラクター数は14%ほど多かった(日本のみ)。
その数字を強引にNA/EUも含んだ数字にもっていくと、レベル61以降のキャラクター数がだいたい43万で、この14%が6万。
なので、育てているサブキャラってそのくらいボリュームか・・・と思いつつ、今後落ち着いてきたら
「ジャンピングポーションでサブキャラを海に潜らせてSS撮れるところまで進めよう!」
みたなケースでアクティブキャラクター数集計に影響してくるかもしれないことは心に留めておこう。


・ワールド別の人口動態

前回からワールド別統計に追加された前回調査からの人口変動のデータを今回も一覧にまとめた。
ワールド別人口動態表
表は増減の大きい順にソートしている。
前回Twitterで追加案内したGoogleのスプレッドシート版も前回のものにシートを追加する形で用意した

前回は一部過密ワールドの新規作成・移転制限だけだったが、紅蓮のアーリーアクセスのタイミングで正式に「ワールド間人口の平均化優遇施策」として発表、施行された。

過密ワールドの新規作成・移転制限は、混雑ワールドとして対象を拡張して継続。
新規キャラクターや過密からの移転にインセンティブを持たせた新規、優遇ワールドが指定された。
前回は制限を免れた我がCarbuncleも混雑指定され、後にTonberryも加わった。

今回のデータを見てみよう。
目立つのがEUリージョンに追加されたOmegaとLouisoix。
先に追加されたOmegaには移転組と新規組が半々くらいで一気に人口を増やした。
その後Louisoixも追加されたが、おそらく移転しようと考えていた人はすでにOmegaに移転してしまった後のようで、Omegaほどの勢いはない。新規ワールドのOmegaもよく新規作成制限が掛かるが、これはLouisoixに誘導して、Louisoixの人口を安定させたいための施策なのだろう。

人口増加の3位には、なんと毎回過疎ワールドの象徴としてとりあげていたMateusがランクインしている。
聞くところによると、RPのプレイスタイル(いわゆるなりきり系)の人に人気だったBalmungが混雑指定されてキャラが作れなくなって、その代わりにRPでいきたい人はMateusに集まろう、という流れがあるらしい。
それで3位に押し上げるとは、NAのRP勢のパワーを感じさせる。

上位にAetherのワールドが並ぶが、その分のマイナスを一気に引き受けているのが増減最下位のBalmungだ。
一つだけ抜けた減り方をしている。
それでもアクティブキャラクター数、バトルジョブレベル70到達キャラクター数では全然多いが。

下を見れば、混雑指定されたワールドが並んでいる。休止による自然減が避けられない中で新規・移転を制限されるとどうしてもマイナスにならざるを得ない。

ワールド間人口平均化の施策は着実に成果を上げていると見ていいだろう。
でも「もう十分だから混雑ワールドの指定を解除しよう」というまでにはまだまだワールド間人口格差は大きい。

JPリージョンのワールドで、混雑指定されてないワールドでTopなのはGungnir.ドラマ「光のお父さん」ゆかりのワールドとして関係者やファンの人達に選ばれやすいようだ。
一気に人口が増えると混雑指定されそうだが、混雑最下位のCarbuncleとはアクティブキャラクターでまだ2000ほど差がある。
なのであるとしても、新規キャラクター作成制限が不定期に付くくらいだろうが、「Gungnirにキャラ作るなら今のうち!」とかいう流れになると本当にそうなりかねない。

JPの増減で、増加数Topは優遇ワールドのKujataだ。Kujataのワールド別統計を見てると、英語人口が増えているようで、Tonberry混雑指定の避難先として選ばれているのかな。
JPリージョンでTonberry以外に英語人口が多いワールドはManaのMasamuneが知られているが、Tonberryと同じElementalデータセンターにあるワールドが選ばれたようだ。同じような理由でTyphonも英語人口が増えている。

優遇ワールドへの人口誘導が進んでいるが、そうなると当然人口下位の順位は入れ替わる。
優遇ワールドで今回一番アクティブキャラクター数が少なかったのがVaeforだけど、増加数で言えば今後に期待できる。それより少なかったのがBaliasとUltima。どこかのタイミングで追加の優遇指定がくるかもしれないが、順位が入れ替わるたびにとっかえひっかえしても混乱するからしばらくはこのままかもしれない。


・CE版特典所持比率

今回、紅蓮のCE版の特典は、個人的には正直あまり惹かれなかったが、通常版にしようかと思って注文しようとしたらすでにCE版(デジタル)が予約してあって「ま、いっか」でCE版を持っている。
いや、ゼノスのフィギュアがヨツユのフィギュアだったらパッケージ版のCE買っていたね。うん。

ということで、パッケージ版かデジタル版か分からないけど、今回のCE特典の取得状況をリージョン別に見てみよう。

ce

表にあるのは、現在アクティブなキャラクターだけで、新生CEや蒼天CE特典を所持しているキャラクター全部ではない(休止は含まれないので)。新生や蒼天でCE版を買った人が、どのくらい紅蓮でもCE版を買ったのか、という視点で見てもらいたい。

新生CEや蒼天CEに比べて、紅蓮CEの特典所持者は半分近くまで減っている。
紅蓮のアーリーアクセスの予約特典の所持者がはかなり多いところを見ると、熱心なプレイヤーでも今回はCEは敬遠した人が多い、ということだろう。
やっぱり特典かなぁ・・・チキンナイフは赤魔道士しか装備できないし、シルドラも、既存のマウントにもう十分かっこいいのが多いからFFVに思い入れの無い人にとってはあまりひっかからないのかなぁ・・・

ワールド別に見てみよう。
個人的にCE特典所持比率は各ワールドの民忠指標と呼んでいて、昔からのユーザーが多いJPのレガシーワールドが上位に来る。
見てみると、上位6位まではレガシーワールドだがNAがけっこう入っている、というかNA優勢。
これは民忠ってよりも、フィギュアのモデルのゼノスさん人気の差か・・・。
また、新規が制限されている混雑ワールドほどコアプレイヤーの比率は相対的に上がるので、CE特典所持比率も高くなる。

EUのLoisoixワールドはEA特典所持者が極端に低い。紅蓮のアーリーアクセスが終わって正式サービス後から追加されたワールドなので、当然と言えば当然。


今回のCE版については、商売としてはちょっと特典の選択ミスったかなぁ・・・と思った。
ほら、デジタル版は在庫痛くないと思うけど、ゼノス閣下が余るといろいろと大変だから・・・


今回の調査報告は以上だ。

紅蓮のリベレーター発売直後の動向を見るためにちょっと変則的な時期での調査だったけど如何だっただろうか。
次回は、4.1の前にオメガ零式の踏破状況など見たいな、と思うがすべては踏破報酬にミニオン・マウントがあるか否かだ。期待して来週のアップデートを待つとしよう。