便利ツール

エオルゼア百科事典風のオリジナル設定シートを作ろう!

北米ファンフェスも終わり、次期拡張「SHADOWBRINGERS 漆黒の反逆者」来年の初夏ということで、また半年以上先だけど盛り上がりを感じる今日この頃。特に5.0より早く新ジョブ「青魔道士」やマーケットの仕様に不安があるものの同DC間でパブリックフィールドに行き来できるワールド間テレポなど未来を感じさせてくれる発表だった。
北米ファンフェスの会場で先行販売されたが即SoldOutした世界設定資料集「Encyclopaedia Eorzea vol.2



正式発売は今週の土曜の24日、もうすぐ予約したみんなの手に入ることだろう。
予約してない人がいたらオフィシャルショップアマゾンからまだ予約できるようなので入れておくように。今まで語られて来なかったキャラクターや国や地域の設定が明らかになることでTwitterのタイムラインも大いに賑わうことだろう。

前作のVol.1は、2年前の東京ファンフェスで先行販売され、当日会場で吉田Pや世界設定班の織田さん、ローカライズ班のマイケルさんなど豪華メンバーのサインをゲットしたのはいい思い出だ。今もこのVol.1は宝物になっている。
サイン

前回の世界設定本の話の流れでプレイヤーキャラクターのウソ設定を世界設定本のフォーマットででっち上げるエオルゼア百科事典風嘘設定テンプレートを作った。
ピンキーアルヒャン

テンプレートはPhotoshopのファイル形式で上記リンク先から配布しているが、今度のVol.2の発売に便乗してWebツール化したというのが本日の本題。その名も

Uncylopedia Eorzea
エオルゼア嘘百科事典
http://luckybancho.ldblog.jp/uncyclopediaeorzea.html

Uncyclopedia Eorzea(アンサイクロペディア・エオルゼア)は、設定本のEncyclopaedia Eorzea(エンサイクロペディア・エオルゼア)と、ウソ百科事典の Uncyclopedia(アンサイクロペディア)を合わせたもの。基本的にジョークのつもりで作ったけどRPで自キャラの設定シートとして使ってもいいだろう。なにせ公式設定本と同じフォーマットだからそれっぽい。
さっそく編集画面や作例を紹介しよう。

続きを読む

Lodestone用リテイナー所持アイテム重複確認ブックマークレット

スマホアプリのFinalFantasyXIV コンパニオンがリリースされて色々便利になって、Lodestoneのリテイナー売上確認ブックマークレットはお役御免かな・・・と思ったけどコンパニオンアプリはリテイナーを横断して販売履歴を調べるのはできないのでまだまだお役御免とはいかないようだ。

コンパニオンアプリとLodestoneでは得意不得意があるので、両方の良い所を使い分けてインゲームの外でのエオルゼアライフの充実を図っていきたい。


ということで本日はリテイナー売上確認ブックマークレットLSメンバーアクティブ状況確認ブックマークレットにつづくLodestone用便利ブックマークレット第三弾、その名も「Lodestone用リテイナー所持アイテム重複確認ブックマークレット」だ。


ゲーム内ではアイテムから拡張コマンドで「所持品を検索する」を選ぶと、自分の鞄、チョコボかばん、雇用リテイナー全員の中から誰がアイテムを持っているか調べることができる。

それ以前は買おうとしているアイテムをリテイナーが持っていたかどうかは記憶を頼りにリテイナーを呼び出して実際にリテイナーの所持品を見てみないと分からなかったが「所持品を検索する」でずいぶん便利になった。


「所持品を検索する」は、あるアイテムを誰が所持しているかは分かるが、誰と誰が同じアイテムを持っているかはわからない。リテイナーが月額プレイ料金の範囲で雇える2人ならそれほそばらけることはないだろうが、追加リテイナーだったり、コンパニオンアプリのプレミアムオプションだったりで雇っているリテイナーが増えると、ちょっと出し入れしているとすぐいろんなところに素材アイテムが分散してしまう。

現在雇用できるリテイナー数は最大10人。
標準の月額プレイ料金で2体。追加リテイナーが7体。コンパニオンアプリのプレミアムオプションでの1体追加で計10体。

作りたい時に制作できるように沢山の素材アイテムをストックしている人や、オシャレ装備をいろいろコレクションしている人、マーケットで荒稼ぎするために出品枠を限界まで使う人などプレイスタイルによってはアイテム枠なんていくらあっても足りないわ・・・そんな大口リテイナーオーナーさんも居ることだろう。

ちなみに、ホントにどれくらい居るのかなと気になってTwitterでアンケート取ってみたところ、Twitterで活動しているようなアクティブなプレイヤーという条件付きだが、約8%が限界Maxまでリテイナーを雇用している。通常料金の2人でやりくりしているのは約1/4で残りは何かしらリテイナーを追加雇用しているという結果になった。

リテイナー雇用動向



経験上、2人までならどのリテイナーに何を預けているかはだいたい覚えられるが、4人を超えてくるとけっこうズボラになってくる。そんな大量にリテイナーを雇用しているオーナーさんのために作ったのがこのブックマークレットだ。







続きを読む

Lodestone用LSメンバーアクティブ状況確認ブックマークレット

Lodestoneに悲願の独自いいね!機能が加わり、Lodestoneでの交流が一段と楽しくなってきている今日この頃ですが皆様いかがお過ごしだろうか。

インゲーム外での交流と言えばFF14のスマホツールのリリースもあとはAndroidの動作検証が終わればリリースできる見込みということで待ち遠しいね。


本日はリテイナー売上確認ブックマークレットに続くLodestone用便利ブックマークレット第2弾。その名も「Lodestone用LSメンバーアクティブ状況確認ブックマークレット」だ。


皆様の中にLSの運営をやったことある人は少なくないと思う。
仲良しメンバーとのLSくらいの少人数LSならあまり気にならないが、モブハンLSとか初心者支援LSとか、メンバーがどんどん増えていく系のLSだとメンバー管理は大変だと思う。

メンバー数が上限近くになって休止中の誰かを外してメンバー枠を確保しておきたくなることはないだろうか。そんな時にFCのメンバーリストにある「最終ログインが何日前」ってのがLSのメンバーリストにもあればなぁ・・・と思ったことがある人は多いだろう。

今回紹介するのは、それを簡易的だがLodestoneのLSページのメンバーアクティビティを利用して実現してしまおう、というブックマークレットだ。

まずは、どんな感じで見えるのかをスクリーンショットで見てみよう。続きを読む

固定パーティ紹介テンプレート「うちの個!」

ファッションチェックシートジェネレーターのリリースから10日も経ってないが、また新たなツールが誕生した。

固定パーティ紹介テンプレート
うちの個!

タイムラインを眺めてみたら、みんなの創作意欲が高まりそうなテンプレートが流れてきた。


みんなに使って欲しそうだったので、これはブラウザで出来るジェネレーターツールの出番だろう・・・ということで凸


そんなこんなで完成したのがこちら







続きを読む

FF14ファッションチェックシートジェネレーター

パッチ4.2から始まった新コンテンツ「ファッションチェック」。みんなはもうマスク・ド・ローズに採点してもらっただろうか。

あいまいなヒントから正解の着こなしを当てる。ただでさえ難しいのにその衣装を実際に着てチェックを受けないといけない。
吉田Pは「ぜひみなさんで情報交換をして・・・」と言っていたけど、採点画面には装備名は出てないからグラフィックだけで当てないと・・・

という感じになるかなー、と思って作ってみました「FF14ファッションチェックシートジェネレーター

編集中画面



ファッションチェックの採点をしてらった画面のSSを取ってアップして、チェック対象の各装備名と得点、そして今回のテーマを入力すると、他人が見て分かり易いファッションチェックシートの出来上がり。

ff14fashioncheck_1517570272294



Twitterアカウントと連携すればそのままツイッターに投稿してシェアできる!
入力したテーマを使って専用タグも自動で付くようにしたので、そのタグでTwitter検索をすれば他の人の結果も見れる・・・流行れば!

続きを読む

FF14ギルドリーヴキャラクターカード

ギルドリーヴ風キャラクターカードクリエイター
って知っています?SSからこんなキャラカードが作れちゃうやつなんですけど
Lucky Bancho_1445442575080

もう3年くらい前になるかな、それこそ旧FF14で誰かが始めたキャラカード作りをブラウザでお手軽に出来るように作ったツールで、当時はそれなりに話題になったものです
今でもFCメンバーが増えた時とかにメンバー紹介ページ用に作ったり、なんかキャラ紹介が必要な時にフォーマットを揃えた素材用だったりと、我ながら便利に使っております。

そんなギルドリーヴ風キャラクターカードジェネレータですが、この度リニューアルしまして「FF14 Guildleve Character Card」として生まれ変わりました!

ギルドリーヴキャラカード

やることは同じなのですが・・・いやむしろ機能的には画像編集をケズったりしているのですが、使い勝手の点を大幅にアップさせて、スマホからでも使いやすく、作ったカードをTwitterに画像付きでそのまま投稿したりできるようになりました!
(もちろん、投稿しないで自分用に保存することもできます)。

上の画像から飛べます。ブログの右下のツールのところからも行けます。

続きを読む

エオルゼア百科事典風嘘設定テンプレート

ついに発売された公式世界設定本「Encyclopaedia Eorzea」!


 
一昨日、昨日届いて手に入れた人が多く、その内容の充実っぷりにTwitterのタイムラインも沸いております。
番長は、12月24日のファンフェス1日目の先行販売で手に入れて、開発メンバーのサインを貰ってしまいました。
サイン

上から
Mr.オズマこと、バトルプランナーの中川さん
アイテム班リーダーの林さん
今回の世界設定本の中心である世界設定班の織田さん
アートディレクターの鈴木健夫さん
ローカライズのリーダーで世界設定にも深く関わっているマイケルさん
そして吉田プロデューサー
とこれだけのサインを、交流ブース一回で貰ってしまって、本当に運がよかった。
ファンフェスの思い出は、Lodestoneの方に書いておいた

 さて、昨日、そんな設定本を心待ちにしていたあるミコッテさんのツイート
 
私の設定本


あるひゃさんの設定・・・


秘密の設定・・・・

ピンキーアルヒャン!

※解説しよう。ピンキーアルヒャンとはその昔、AegisのアイドルグループSBJのシークレットライブにて公演された演目『不思議チェンジ☆ピンキーアルヒャン♪ 』のヒロインのことである!

ということで、世界設定本風にピンキーアルヒャンの嘘設定を作ってみました。
ピンキーアルヒャン

うむ。いい出来。
17歳という設定に評価は分かれるものの、反応は上々。


ここから、「エオルゼア百科事典風嘘設定テンプレート」としてPhotoshop用のファイルを取りまとめたのがこちら
https://goo.gl/NbEINP
テンプレート

Photoshopperの人なら特に説明要らないかな。
ツール化はちょっと手間かかるし、これで反応みて決めよう。
追記:ツール作りました!


Twitterに投稿するときは、ハッシュタグ
#UncyclopediaEorzea
でよろしく。まだ自分の投稿しかないけどね。

UncyclopediaEorzea(アンサイクロペディア・エオルゼア)は、設定本のEncyclopedia Eorzea(エンサイクロペディア・エオルゼア)と、ウソ百科事典の Uncyclopedia(アンサイクロペディア)を合わせたもので、基本的にウソ設定、ジョーク設定を作るもの。
大事なのはユーモア!誰かを貶めるようなものはダメだぞ!
(黒歴史をほじくり返すのはセーフとしよう)



そして、このテンプレートからもう一作品。
マンドラゴラのラムダバーのママのやつを作ってみた。
仮面ラムダー公

というわけで、面白い作品が出てくるといいな!

 

LBTrim - 画像ジェネレーターサービス向け汎用トリミングUIライブラリ

もう3年ほど経つが、かつて「ギルドリーヴ風キャラクターカードクリエイター」というツールを公開した。

2013年11月4日 お気に入りのSSがキャラカードに!

いわゆる画像ジェネレータ系のサービスで、お気に入りのSSから、ギルドリーヴカード風のキャラクターカードが作れるというもので、公開当時はけっこう反響があって、いろんな人に使ってもらった。
しかしもう3年も前に公開したものなので、使ってくれる人もそんなにはいないだろう。

ただ、ちょっと前から、FF14のTwitterユーザーコミュニティでエオスタグラムというゲーム内SSをInstagramのサービス風にアレンジしたテンプレートをnenecoさん(@nenecotte)が公開して、SSのエオスタグラム風加工が流行っていた。
eostagram_image

 続きを読む

Lodestone用リテイナー売上確認ブックマークレット

Lodestone日記への「いいね!」ボタン(Facebookのじゃない)の追加を予定しているという運営からのフィードバックを心の支えに2年と半年プレイし続けてきましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

もちろん、運営も何もしてないわけではなく、ゲーム内情報のLodestoneへの反映とかはマメに対応している。
ただ、Lodestone上のプレイヤー間のコミュニケーションやコミュニティに関しては、利用者が少ないからかあまり支援しようという姿勢が感じられないのが、旧版でゲームが散々だった時期にプレイヤーコミュニティでの繋がりを糧にプレイを続けていた1レガシープレイヤーとしては残念でならない。


ともあれ、ゲーム内情報が反映されること自体は便利だし、大変結構なことなのでエオルゼアにログインできない時間でも、エオルゼアライフの充実のために活用させて頂いている。

そんな機能の中で、本日取り上げるのが、リテイナーの出品状況、販売履歴だ。
多数のプレイヤーが参加するMMORPGの中で、パーティ人数が限られているインスタンスコンテンツが多いバトルシステムよりも、真の意味でMMOPRGらしいコンテンツがバザー(マーケット)だと思う。

プレイヤーによる需要と供給だけでなく、パッチノートやPLLでの運営の情報に対する各人の思惑など、いろいろなものが集まって動く相場。
なかなか自分の思い通りには行かないが、だからこそ読みきって儲けを出した時の嬉しさは大きい。


ただ、めんどくさいのが、出品したアイテムが売れたことの確認。
売れたタイミングでゲームにいればメッセージが出るが、昼間出かけてて夜インするときに、何がどのくらい売れているのか把握するのに、1体1体リテイナーを呼び出して確認しないといけないのが面倒だ。

そこでLodestoneのリテイナー販売履歴情報。リアルタイムではないけど、売れたアイテムの情報がゲームの外からでも確認できる。
ただ、これも1体1体リテイナーのページを開かないと確認できない。

できれば一括で確認したいよね。


・・・ということで、「Lodestone用リテイナー売上確認ブックマークレット」を作ってみました。

ブックマークレットとは、WebサイトのURLを保存するブックマークとは異なり、Javascriptによる操作を保存したブックマークのことだ。
通常、ログインしないと見れないページに何かするのは難しいが、この仕組みなら、表示中のページに対していろいろな操作が可能だ。

まずは、どういう感じになるか見てみよう。


続きを読む

思い出を取り返せ!旧Lodestone移行大作戦

2015年1月7日。旧Lodestoneのアーカイブが、2015年3月31日を持って停止される、というアナウンスが公式サイトに掲載された

理由はフォーラムの開発者投稿によると、サーバー機器や稼動ソフトウェアの更新が限界になり、その維持にコストがかけられなくなったからだそうだ。
「アーカイブ化」とあったから、少なくともFF14というゲームが続く間は提供し続けるものだと思っていただけに、このプレイヤーの思い出を切り捨てるような決定にひどく腹も立った。

サービス提供がムリならば、せめて移行ツールくらい用意するだろう。
世のブログポータルも閉鎖するところは多かったが、自分の見聞きした範囲ではあるが、ほぼどのサービスも以降ツールを用意して、ユーザーにコンテンツ引越しの手段を用意していた。


ただ、オンライゲームのプレイデータは基本的に運営の所有物でユーザーに権利はなく、サービスの終了と共に消えてしまうのが普通だ。
公式プレイヤーサイトの日記のデータも同じノリで考えているのだとしたら、ブログポータルなどとは、UGC(ユーザー作成コンテンツ)に対する姿勢が根本的に異なっていると考える他はない。

ブログポータルなどは、「ユーザーの日記があってこそ自分達のサービスがある」と、ユーザーの日記やそれに対する想いをとても大事に思っている。
ゲーム運営会社は、「自分達のサービスがあってこその日記。ゲームを盛り上げるためなら、自分達の著作物も使っていいよ」くらいにしか思っていないんじゃないか、と。


あ、リスペクトされてないな俺ら・・・

そう感じた。

そっちで用意するつもりが無いのなら、勝手に作ってやる。
とばかりに作成したのが旧Lodestone日記移行ツール。



archivelogo



続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。