便利ツール

Lodestone用LSメンバーアクティブ状況確認ブックマークレット

Lodestoneに悲願の独自いいね!機能が加わり、Lodestoneでの交流が一段と楽しくなってきている今日この頃ですが皆様いかがお過ごしだろうか。

インゲーム外での交流と言えばFF14のスマホツールのリリースもあとはAndroidの動作検証が終わればリリースできる見込みということで待ち遠しいね。


本日はリテイナー売上確認ブックマークレットに続くLodestone用便利ブックマークレット第2弾。その名も「Lodestone用LSメンバーアクティブ状況確認ブックマークレット」だ。


皆様の中にLSの運営をやったことある人は少なくないと思う。
仲良しメンバーとのLSくらいの少人数LSならあまり気にならないが、モブハンLSとか初心者支援LSとか、メンバーがどんどん増えていく系のLSだとメンバー管理は大変だと思う。

メンバー数が上限近くになって休止中の誰かを外してメンバー枠を確保しておきたくなることはないだろうか。そんな時にFCのメンバーリストにある「最終ログインが何日前」ってのがLSのメンバーリストにもあればなぁ・・・と思ったことがある人は多いだろう。

今回紹介するのは、それを簡易的だがLodestoneのLSページのメンバーアクティビティを利用して実現してしまおう、というブックマークレットだ。

まずは、どんな感じで見えるのかをスクリーンショットで見てみよう。続きを読む

固定パーティ紹介テンプレート「うちの個!」

ファッションチェックシートジェネレーターのリリースから10日も経ってないが、また新たなツールが誕生した。

固定パーティ紹介テンプレート
うちの個!

タイムラインを眺めてみたら、みんなの創作意欲が高まりそうなテンプレートが流れてきた。


みんなに使って欲しそうだったので、これはブラウザで出来るジェネレーターツールの出番だろう・・・ということで凸


そんなこんなで完成したのがこちら







続きを読む

FF14ファッションチェックシートジェネレーター

パッチ4.2から始まった新コンテンツ「ファッションチェック」。みんなはもうマスク・ド・ローズに採点してもらっただろうか。

あいまいなヒントから正解の着こなしを当てる。ただでさえ難しいのにその衣装を実際に着てチェックを受けないといけない。
吉田Pは「ぜひみなさんで情報交換をして・・・」と言っていたけど、採点画面には装備名は出てないからグラフィックだけで当てないと・・・

という感じになるかなー、と思って作ってみました「FF14ファッションチェックシートジェネレーター

編集中画面



ファッションチェックの採点をしてらった画面のSSを取ってアップして、チェック対象の各装備名と得点、そして今回のテーマを入力すると、他人が見て分かり易いファッションチェックシートの出来上がり。

ff14fashioncheck_1517570272294



Twitterアカウントと連携すればそのままツイッターに投稿してシェアできる!
入力したテーマを使って専用タグも自動で付くようにしたので、そのタグでTwitter検索をすれば他の人の結果も見れる・・・流行れば!

続きを読む

FF14ギルドリーヴキャラクターカード

ギルドリーヴ風キャラクターカードクリエイター
って知っています?SSからこんなキャラカードが作れちゃうやつなんですけど
Lucky Bancho_1445442575080

もう3年くらい前になるかな、それこそ旧FF14で誰かが始めたキャラカード作りをブラウザでお手軽に出来るように作ったツールで、当時はそれなりに話題になったものです
今でもFCメンバーが増えた時とかにメンバー紹介ページ用に作ったり、なんかキャラ紹介が必要な時にフォーマットを揃えた素材用だったりと、我ながら便利に使っております。

そんなギルドリーヴ風キャラクターカードジェネレータですが、この度リニューアルしまして「FF14 Guildleve Character Card」として生まれ変わりました!

ギルドリーヴキャラカード

やることは同じなのですが・・・いやむしろ機能的には画像編集をケズったりしているのですが、使い勝手の点を大幅にアップさせて、スマホからでも使いやすく、作ったカードをTwitterに画像付きでそのまま投稿したりできるようになりました!
(もちろん、投稿しないで自分用に保存することもできます)。

上の画像から飛べます。ブログの右下のツールのところからも行けます。

続きを読む

エオルゼア百科事典風嘘設定テンプレート

ついに発売された公式世界設定本「Encyclopaedia Eorzea」!


 
一昨日、昨日届いて手に入れた人が多く、その内容の充実っぷりにTwitterのタイムラインも沸いております。
番長は、12月24日のファンフェス1日目の先行販売で手に入れて、開発メンバーのサインを貰ってしまいました。
サイン

上から
Mr.オズマこと、バトルプランナーの中川さん
アイテム班リーダーの林さん
今回の世界設定本の中心である世界設定班の織田さん
アートディレクターの鈴木健夫さん
ローカライズのリーダーで世界設定にも深く関わっているマイケルさん
そして吉田プロデューサー
とこれだけのサインを、交流ブース一回で貰ってしまって、本当に運がよかった。
ファンフェスの思い出は、Lodestoneの方に書いておいた

 さて、昨日、そんな設定本を心待ちにしていたあるミコッテさんのツイート
 
私の設定本


あるひゃさんの設定・・・


秘密の設定・・・・

ピンキーアルヒャン!

※解説しよう。ピンキーアルヒャンとはその昔、AegisのアイドルグループSBJのシークレットライブにて公演された演目『不思議チェンジ☆ピンキーアルヒャン♪ 』のヒロインのことである!

ということで、世界設定本風にピンキーアルヒャンの嘘設定を作ってみました。
ピンキーアルヒャン

うむ。いい出来。
17歳という設定に評価は分かれるものの、反応は上々。


ここから、「エオルゼア百科事典風嘘設定テンプレート」としてPhotoshop用のファイルを取りまとめたのがこちら
https://goo.gl/NbEINP
テンプレート

Photoshopperの人なら特に説明要らないかな。
ツール化はちょっと手間かかるし、これで反応みて決めよう。

Twitterに投稿するときは、ハッシュタグ
#UncyclopediaEorzea
でよろしく。まだ自分の投稿しかないけどね。

UncyclopediaEorzea(アンサイクロペディア・エオルゼア)は、設定本のEncyclopedia Eorzea(エンサイクロペディア・エオルゼア)と、ウソ百科事典の Uncyclopedia(アンサイクロペディア)を合わせたもので、基本的にウソ設定、ジョーク設定を作るもの。
大事なのはユーモア!誰かを貶めるようなものはダメだぞ!
(黒歴史をほじくり返すのはセーフとしよう)



そして、このテンプレートからもう一作品。
マンドラゴラのラムダバーのママのやつを作ってみた。
仮面ラムダー公

というわけで、面白い作品が出てくるといいな!

 

LBTrim - 画像ジェネレーターサービス向け汎用トリミングUIライブラリ

もう3年ほど経つが、かつて「ギルドリーヴ風キャラクターカードクリエイター」というツールを公開した。

2013年11月4日 お気に入りのSSがキャラカードに!

いわゆる画像ジェネレータ系のサービスで、お気に入りのSSから、ギルドリーヴカード風のキャラクターカードが作れるというもので、公開当時はけっこう反響があって、いろんな人に使ってもらった。
しかしもう3年も前に公開したものなので、使ってくれる人もそんなにはいないだろう。

ただ、ちょっと前から、FF14のTwitterユーザーコミュニティでエオスタグラムというゲーム内SSをInstagramのサービス風にアレンジしたテンプレートをnenecoさん(@nenecotte)が公開して、SSのエオスタグラム風加工が流行っていた。
eostagram_image

 続きを読む

Lodestone用リテイナー売上確認ブックマークレット

Lodestone日記への「いいね!」ボタン(Facebookのじゃない)の追加を予定しているという運営からのフィードバックを心の支えに2年と半年プレイし続けてきましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

もちろん、運営も何もしてないわけではなく、ゲーム内情報のLodestoneへの反映とかはマメに対応している。
ただ、Lodestone上のプレイヤー間のコミュニケーションやコミュニティに関しては、利用者が少ないからかあまり支援しようという姿勢が感じられないのが、旧版でゲームが散々だった時期にプレイヤーコミュニティでの繋がりを糧にプレイを続けていた1レガシープレイヤーとしては残念でならない。


ともあれ、ゲーム内情報が反映されること自体は便利だし、大変結構なことなのでエオルゼアにログインできない時間でも、エオルゼアライフの充実のために活用させて頂いている。

そんな機能の中で、本日取り上げるのが、リテイナーの出品状況、販売履歴だ。
多数のプレイヤーが参加するMMORPGの中で、パーティ人数が限られているインスタンスコンテンツが多いバトルシステムよりも、真の意味でMMOPRGらしいコンテンツがバザー(マーケット)だと思う。

プレイヤーによる需要と供給だけでなく、パッチノートやPLLでの運営の情報に対する各人の思惑など、いろいろなものが集まって動く相場。
なかなか自分の思い通りには行かないが、だからこそ読みきって儲けを出した時の嬉しさは大きい。


ただ、めんどくさいのが、出品したアイテムが売れたことの確認。
売れたタイミングでゲームにいればメッセージが出るが、昼間出かけてて夜インするときに、何がどのくらい売れているのか把握するのに、1体1体リテイナーを呼び出して確認しないといけないのが面倒だ。

そこでLodestoneのリテイナー販売履歴情報。リアルタイムではないけど、売れたアイテムの情報がゲームの外からでも確認できる。
ただ、これも1体1体リテイナーのページを開かないと確認できない。

できれば一括で確認したいよね。


・・・ということで、「Lodestone用リテイナー売上確認ブックマークレット」を作ってみました。

ブックマークレットとは、WebサイトのURLを保存するブックマークとは異なり、Javascriptによる操作を保存したブックマークのことだ。
通常、ログインしないと見れないページに何かするのは難しいが、この仕組みなら、表示中のページに対していろいろな操作が可能だ。

まずは、どういう感じになるか見てみよう。


続きを読む

思い出を取り返せ!旧Lodestone移行大作戦

2015年1月7日。旧Lodestoneのアーカイブが、2015年3月31日を持って停止される、というアナウンスが公式サイトに掲載された

理由はフォーラムの開発者投稿によると、サーバー機器や稼動ソフトウェアの更新が限界になり、その維持にコストがかけられなくなったからだそうだ。
「アーカイブ化」とあったから、少なくともFF14というゲームが続く間は提供し続けるものだと思っていただけに、このプレイヤーの思い出を切り捨てるような決定にひどく腹も立った。

サービス提供がムリならば、せめて移行ツールくらい用意するだろう。
世のブログポータルも閉鎖するところは多かったが、自分の見聞きした範囲ではあるが、ほぼどのサービスも以降ツールを用意して、ユーザーにコンテンツ引越しの手段を用意していた。


ただ、オンライゲームのプレイデータは基本的に運営の所有物でユーザーに権利はなく、サービスの終了と共に消えてしまうのが普通だ。
公式プレイヤーサイトの日記のデータも同じノリで考えているのだとしたら、ブログポータルなどとは、UGC(ユーザー作成コンテンツ)に対する姿勢が根本的に異なっていると考える他はない。

ブログポータルなどは、「ユーザーの日記があってこそ自分達のサービスがある」と、ユーザーの日記やそれに対する想いをとても大事に思っている。
ゲーム運営会社は、「自分達のサービスがあってこその日記。ゲームを盛り上げるためなら、自分達の著作物も使っていいよ」くらいにしか思っていないんじゃないか、と。


あ、リスペクトされてないな俺ら・・・

そう感じた。

そっちで用意するつもりが無いのなら、勝手に作ってやる。
とばかりに作成したのが旧Lodestone日記移行ツール。



archivelogo



続きを読む

Lodestone日記用Twitter画像読み込みブックマークレット

新生Lodestoneは、日記に上げられる画像領域が旧からぐっと少なくなってしまい、やりくりに難儀していた人も多いだろう。

レガシーアカウントから画像を引き継いだ人は、旧Lodestoneの画像もそのままコピーされ、最初から100%を軽くオーバーした人は、空きスペース作るために画像を一つずつ削除していくのが大変だった。

そこで、 その作業を少しでも楽にしようと、ブックマークレットを作って公開した
それが新生オープンベータ直後くらいの話。

それから約8ヶ月・・・新生Lodestoneに外部のサービスから画像を参照できる(Lodestoneの画像領域は減らない)機能が追加された

画像のURLならサービスを問わないみたいで、番長も愛用しているGoogle+のアルバムからでも引っ張ってこれる。PS4の画像アップロードは、TwitterかFacebookの自分のアカウントにアップロードするしかなかったが、ちょうど4/30のPS4本体のシステムアップデートで外部USBメモリに移せるようになったみたい。

それでも、USBメモリをいちいち介するのは不便だから、ネットサービスにアップしてしまったほうが便利だろう。いずれGoogle+にも対応するようになることを期待しよう。


前置きが長くなったけど、Lodestoneの日記の画像選択での「外部画像を参照」ではURL直打ちが必要。
PS4でやっている人なら、Twitterでやる人が多いだろうとおもって、Twitterでアップした画像を読み込んで画像選択のところから選べるようにしたブックマークレットを作ってみた。

ブックマークレットとは、WebサイトのURLを保存するブックマークとは異なり、Javascriptによる操作を保存したブックマークのことだ。

下の「Twitter画像読み込み」に貼ったリンクを、右クリックで、ブックマークツールバーまでドラッグ&ドロップする。


Twitter画像読み込み



ブックマークレット登録



ソーシャルサービス連動をしている日記であれば、Lodestoneの日記編集画面でブックマークレットを実行すると、Twitterの自分のアカウントにアップされた画像を読み込んで、アップロード画像リストの下に表示される。
日記に使いたい画像をクリックで、その画像URLが外部参照URLのところに転機されるぞ!


Twiter読み込み実行


※Twitterの画像URLは外部サーバーを経由して取得するため、Twitterが公開設定である必要があります(いわゆる鍵アカだとうまく行かない)。

※Twitterの新しいプロフィール画面でしかテストしていません。旧プロフィール画面の設定だとうまく行かない可能性があります。

※一般論として、ブックマークレットはブラウザで表示中のページに対して様々な操作を行う仕組みです。ログインしているブラウザで操作するので、本人しか見れない情報にもアクセスできます。そういった情報を外部に送信したりするブックマークレットもあるので、使用する際は出自不明なブックマークレットにはくれぐれもご注意下さい。


というわけで、折角ソーシャルメディア連動しているのに画像くらい自動でロードしろよと思ったので少々力技のブックマークレットながら再現してみせた、というネタでした。

お気に入りのSSがキャラカードに!

その昔、旧Lodestoneで、SSからギルドリーヴ風のキャラクターカードを作るのが流行した。

だれが始めたのか正確にはわからないけど、番長はビサイドの弟さんのヤツで知った。
今はマサムネかな?

こんなやつだ。
luckybancho



こんな風なキャラカードを自分のだったり、LSメンバーのだったり作っていたんですよ。

でも、これをつくるのはフォトレタッチソフトとか持ってて使い方ちゃんと分かっている人しかできなかったからそれなりに敷居は高かったんだ。
(画像加工の中では簡単な部類になるけど)


で、最近みつけたWebサイトで、ブラウザ上で画像をトリミングしたりするプログラムのサンプルを見つけた時に思いついてしまった。

「これでキャラカード作れるんじゃない?」


ということで、その他いろいろなところから情報をあつめて、作りました。

ギルドリーヴ風キャラクターカードクリエイター
名称未設定-1


サーバーで画像処理やると人気が出たらサーバー落ち気にしないといけないのは精神衛生上よくないので、Javascriptだけでブラウザで完結するようにHTML5使っているので、最新のブラウザでないと動作しないのでよろしく。

これでなにが出来るかっていうと、キャラカードができるのだけど、一番おすすめの使い方は、これでLSやFCのメンバー一覧を作ることかなっ!

ほら、今のLodestoneのメンバー一覧って、ヘヴィダークライトアーマーとか着るとわけわかんないじゃない?
昔のLodestoneも、常に下着姿で番長はゴーグルかけられなかったけど・・・

なんで、お手軽に各自で作れるようになれば、FCのフォーラムとかで持ち寄れるじゃない。
特にSSだけだと、誰が誰だかわからないけど、キャラカードに名前があれば迷わなくても済むしね。

ということで、我がチョコボスクールのアルバムはこんな感じ。
名称未設定-2

まだ全部はそろってないのだけど、Googleのアルバムにほいほい上げている(Lodestoneはサーバー側の画像容量がキツいので)。

こんな感じのをみんなで作ると、FF14がもっと楽しくなると思うんだ!

というわけで使い方。
説明

ボツにしたタイトル画像が再利用できたな・・・。

というわけで、みんなのキャラクターをカードにしてしまおう!


動作確認はFirefox24.0,Chrome30.0,Internet Explorer10でやっているけど、IE10はちょっと動作が不安定なので、FirefoxかChromeがオススメだ!

なんかフィードバックがあったらこちらのLodestoneの日記まで!
 ※[11/10]最初の日記がコメ数限界の100までいったので続きに差し替え

 【追記】書体の最後のよめないやつはエオルゼア文字です。オエルゼア文字でEorzeaって書いてあります。
旧フォーラムで有志の方が作ってくれたものをWebフォントにして使えるようにしています。雰囲気は出ますが、他人からは読めなくなりますw
 
 【11/6更新】
プログラムを以下の内容で更新しました。

1.切り抜き領域選択画面の画像サイズを画面の幅に合わせてリサイズするようにしました。
 実際に切り抜く元画像はオリジナルのサイズのものなので画質の劣化はありません。

2.著作権表示(スクエニの)を付けるオプションを追加
 Lodestoneやブログなどページ全体にフッターなどで著作権表示していれば無くても良いが、外部サイトなどでは付けた方がいいので。

3.画像調整機能を追加
 明るさやコントラストの調整、モノクロにしたりセピア色にしたり簡単な画像加工が出来るようにしました。

4.選択した領域より、キャラカードに反映される領域が若干狭かったので調整しました。

5.フォントが小さい時に、文字の位置が上目に見えてしまうので、文字の大きさによって位置を若干調整するようにしました。

 【11/6更新】
6.上下の文字列のフォントカラーが選べるようになりました。

※表示が崩れている人は、ブラウザのキャッシュを見ている可能性があるので、一度Shiftを押しながら再読み込みしてみてください。

 【11/10更新】
7.画像加工機能にマスク処理ができるようになりました。それに伴い、画像加工処理機能のレイアウトを変更しました。

8.画像加工に「ぼかし」を追加しました。ただし、処理が相当重いので気をつけてください。

9.マスク情報、画像加工した元のイメージを出力する機能を追加しました。出力先のイメージの表示は小さいですが、実際のサイズはオリジナルです。また、出力したマスク情報は次回に読み込むことができます。

10.書体選択のデザインを変更しました。また日本語で使える書体を増やしました。

11.初期設定の文字色を調整しました。


明るさやコントラストなどの画像加工にマスクを入れられるようにしました!
マスクの様子


前回、いくつか画像調整機能を入れてみたけど、なんか中途半端だったのでせっかくだからマスクをかけられるにしました。
機能はマスクをかけるのに特化していて、右クリックをおしたらマスク、左クリックを押したら消しゴム、マウスホイールで、その点を中心に拡大・縮小が出来ます。

まぁ、急造なんでアレですが・・・。
※マスクの拡大縮小をくりかえすとちょっと境界がボヤけてしまうようです。
※[11/12 対応をいれました]


お勧めは、コントラストをちょっと強めにかけて、キャラクターをマスクし、背景にぼかしを入れるパターン。
こんなのが、お手軽・・・とはいえないけど、ちょっとの手間で出来ます。
るるか るか_1384073054645


こんな感じで、凝ろうと思えばいろいろできるようになったけど、基本は、お手軽にお友達をガンガンカード化してコレクションしようぜ!ってツールなので、あまりこの方向には発展させない予定。ちょっと自分の勉強がてらやってみた、って感じかな。

あと、テキストに使える日本語フォントを増やしました。
このツールでは、環境に依存しないWebフォントをメインに使っているのだけど、 日本語の書体は容量がデカいので避けてたけど、けっこうみんな日本語使っていたので、もうちょっと増やそうかな、と。

みんなのOSに入っている書体ならそのまま使えるのだけど、増やすと選ぶUI作るのが大変なので・・・
もうちょっと考えます。

 【11/11更新】
12.マスク処理で、拡大・縮小を繰り返すと境界がぼやける問題に対応しました。だいぶマシになったと思います。 

13.マスク編集時の拡大の拡大率を制限しました。大きくすると重くなりすぎていたので。 

 【11/13更新】
14. IE11で動かなかった問題を対応しました。
※これにともなて、自分の環境ではIE10で検証できなくなりました・・・

15.  .マスクの境界ぼやける問題に調整を入れました。またマスク編集時の拡大率を多少上げました。
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。