中国リージョンのアクティブキャラクター数を推定してみた

暁月のフィナーレのリリースを前にグローバルだけでなく中韓含む全リージョンで最大プレイヤー数更新中とのことでサーバーキャパシティに不安はありながら人気的には絶好調のFF14である。

中国のサービスでは先日サービス開始7周年を迎えたとのことで中国版のPLLが放送された
16288340238766

その中でグンヒルドデュルーブラム零式の踏破者数の統計が出ていた。
GD

中国リージョンのプレイヤー数は公表されていないが、この数字をベースに推定できないかやってみることにした。続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(2021/7/18)

前回のLodestone国勢調査から3か月。その間デジタルファンフェスや14時間生放送があり次期拡張「暁月のフィナーレ」の新情報も発表された。新プレイヤーキャラクターのヴィエラ男性のキャラメイクもできるベンチマークソフトも公開され、いよいよ盛り上がってきた。


とは言え発売の11月23日まであと4か月ほどあるこの時期、プレイヤー諸兄は如何お過ごしであろうか。大手ゲームニュースサイトも取り上げているようにStream版の同時接続数が漆黒リリース直後のピークを越えて連日更新していたり、Windows版のダウンロード販売が一時品切れ状態になるなどここに来てプレイヤー数が伸びているということで話題になっている。
steamchart

特にここ最近の急激な伸びは英語圏の大物配信者の影響と言われている。日本からはわかりにくい海外ならではの盛り上がりのようだ。

さて、漆黒編最後の大型パッチである5.5が4月にリリースされ、もう5.55.5.57と2回もマイナーパッチを重ねてストーリーも暁月のフィナーレに向けて大いに盛り上がっているこのタイミングでLodestone国勢調査のワールド統計を更新した。



画面イメージ

ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。前回はパッチ5.5更新直前の4月11日。メインストーリーの更新やYoRHa: Dark Apocalypseの最終章。南方ボズヤ戦線の新フィールドのザトゥノル高原など多くのコンテンツが追加された。

アクティブキャラクターの判定は以前と同様フリートライアルを除外するためにほぼ紅蓮以降のキャラになっている。判定方法の詳細などは以前「Lodestone国勢調査のよくある疑問」という記事にまとめたので参照されたし。

それでは結果をみてみよう。
続きを読む

【Lodestone国勢調査】ワールド別統計更新!(2021/4/11)

来週火曜日のパッチ4.5リリースを控えてた週末、光の戦士の諸兄は如何お過ごしだろか。
先日のPLLにて、FF14の冒険者数(累計登録ユーザー数)が2200万人を突破したとのことでおめでとうございます。モグステで2200万人突破記念のセールはあるのでしょうか。
770d38e2

この冒険者数の発表がある時によく引き合いに出される当ブログの調査であるが、累計アカウント数とアクティブキャラクター数の違いについてはこちらを参照されたし。

さて、漆黒編最後の大型パッチである5.5のリリース直前ということで、5.4までのデータを収集してLodestone国勢調査のワールド統計を更新した。


画面イメージ

ワールド別統計とは、Lodestoneのキャラクター情報を収集・分析して、ワールド毎のプレイヤー動向をいろんな角度で掘り下げるLodestone国勢調査の集大成。前回はパッチ4.45更新直後の2月7日だったが、このパッチで南方ポズヤ戦線の新コンテンツ「グンヒルドディールブラム」が実装されたが、パッチ4.5リリース直前の状況と新コンテンツの参加状況を見てみよう。

アクティブキャラクターの判定は以前と同様フリートライアルを除外するためにほぼ紅蓮以降のキャラになっている。判定方法の詳細などは以前「Lodestone国勢調査のよくある疑問」という記事にまとめたので参照されたし。

それでは結果をみてみよう。
続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneから日記の自由を求めて流れ付いてきました幸運番長です。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで書いていて、こっちは分量の多い記事を残しています。

記事検索